姫路 心療内科 前田クリニック

うつ病・自律神経失調症・パニック障害・強迫性障害・社交不安障害・アルコール依存症・認知症
姫路駅から徒歩4分の心療内科です。遠方の方もお気軽にご来院下さい。

当院は予約制です
TEL:079-287-2766

◆チック症◆

チックは小児期ではまれな疾患ではありません。しかも多くのチックは成人するに伴い自然に治癒する傾向があります。チックとは突発的、急速、 反復性、非律動的、常同的な運動あるいは発声で、発症が18歳未満で4週間以上持続するものをいいます。チックについては、かつては精神分析の視点からの解釈が盛んに行われ、対人関係や親子関係における心理的葛藤が問題視されて、心理療法や精神療法が治療の主体であった時期がありました。しかし、重症のチックを発症する家系(トゥレット症候群)があることが知られるようになったことなどから、最近ではむしろ脳の機能的障害として遺伝的側面も検討されるようになり、とくに脳内ドーパミン受容体との関連が注目されています。しかしながら、チックは本人が止めようとするとかえって増強したり、ピアノの発表会などの緊張場面で強まることがあるのは確かで、チックは心理状態に影響されやすい疾患でもあります。またチックを発症する小児の母親が神経質で過干渉という印象を与えることも少なくありません。これらのことから、現在ではチックを発症する小児とその親(とくに母親)との間には、遺伝上の気質的な共通性があるのではないかと考えられています。

チックは本人、家族および周囲の人にその症状を理解してもらい、チックの症状が出てもことさら気にせず、日常生活が円滑に行えるようにすることが大切です。チックが心理的葛藤で生ずるという考え方は主流ではなくなりましたが、心理療法、行動療法が行われる場合もあります。

(病気の知識、原因、対処法、認知行動療法、心理療法、薬物療法の詳細はお送りするパンフレットまたはPC向けホームページ参照)

PC向けホームページ:http://www.dr-maedaclinic.jp

医療法人社団雅会
前田クリニック


>戻る