トップページ tel:0792626871
統合失調症/Schizophrenia

補助的に使われる薬

 統合失調症は、抗精神病薬だけで治療できる病気ではありません。抗精神病薬が治療の中心にはなりますが、足りない部分もあります。それを補うのが補助治療薬と言われる薬です。補助というのは、抗精神病薬の効果を引き出したり、副作用を治療したり、足りない部分を補ったり、また予防のために処方したりする大切な薬です。たくさんの薬を飲むことに不安を感じる人もいると思いますが、薬にはそれぞれ役割があり、薬と薬が補う「相補作用」があるということも知っておく必要があります。おもな補助治療薬には、次のようなものがあります。

【睡眠薬】
 不眠も、統合失調症の症状のひとつです。病気の回復のためには、まず十分な睡眠をとり、生活のリズムを整えることが必要となります。その意味で、睡眠薬は抗精神病薬と並んで大切な薬です。使用する睡眠薬には、ニトラゼパム(ベンザリン)、フルニトラゼパム(サイレース、ロヒプノール)、ブロチゾラム(レンドルミン)などがあります。この他、抗精神病薬のクロルプロマジンを含んだ複数の薬を混ぜ合わせたベゲタミンも、睡眠薬としてよく使われます。睡眠薬は中毒・依存になりやすいと心配する人もいますが、短期間の使用であればさほど大きな問題とはなりません。

【抗不安薬】
 抗不安薬は、不安を取り除く薬のことで、統合失調症以外にもうつ病や不安障害などにもよく使われる薬です。統合失調症による不安緊張に対しては、抗精神病薬だけで治療したほうが望ましいという考え方もありますが、抗不安薬にも長所があります。それは、ドーパミンには作用しなので、パーキンソン症状のような副作用がないことと、遅発性ジスキネジア(舌や口が意思にさからって勝手に動いてしまう現象)を起こす危険性がないことです。したがって、抗精神病薬を少なくして、副作用を減らす意味でも、抗不安薬を併用することは有効な治療方法です。抗不安薬には、ジアゼパム(セルシン、ホリゾン)、エチゾラム(デパス)、ロラゼパム(ワイパックス)、アルプラゾラム(コンスタン、ソラナックス)などがあります。また、ヒドロキシジンは抗精神病薬の副作用であるアカシジア(じっとしていられなくなる)の改善に使われることもあります。

【抗てんかん薬】
 抗てんかん薬は、本来はけいれんを抑える薬です。統合失調症ではけいれんを起こすことはありませんが、抗てんかん薬の中には興奮や不機嫌を抑える作用がありますので、イライラや攻撃性を抑えるために、時々処方されることがあります。抗てんかん薬には、カルバマゼピン(テグレトール)、バルプロ酸(デパケン)などがあります。

【抗パーキンソン薬】
 ドーパミンを遮断する抗精神病薬では、多かれ少なかれパーキンソン症状の副作用は避けられません。抗精神病薬の量や種類を調整することで対処したいところですが、それが難しい場合には、抗パーキンソン薬を併用することがあります。用いられる薬には、ビペリデン(アキネトン)やトリヘキシフェニジル(アーテン)、プロメタジンなどがあります。プロメタジンは、立ちくらみ(起立性低血圧)の改善にも使われることがあります。

【抗うつ薬】
 意欲低下に対し、まれに抗うつ薬が使われることがあります。三環系と呼ばれるアミトリプチリン(トリプタノール)、イミプラミン(トフラニール)、クロミプラミン(アナフラニール)、SSRIのフルボキサミン(ルボックス)、SNRIのミルナシプラン(トレドミン)などの抗うつ薬が試みられます。




インデックス
前のページへ




初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック