トップページ tel:0792626871
統合失調症/Schizophrenia

疾患の詳細

統合失調症の歴史的経緯

 疾患の詳細を述べる前に、現在の統合失調症という病名になるまでの、およその歴史的経緯を見ておきます。精神病に対する昔の人々は、多くは普通の人とは様子が違って見えたため、恐れや奇異な感じを抱いており、また捕らえられたり隔離されたりした人もいました。19世紀末、ドイツの精神医学者であるエミール・クレペリンが、精神病をその症状と経過から分類しようとしました。そして、妄想などを特徴とする病気は、長期間において自発性が低下し、対人関係が維持できなくなって、社会適応が困難になる傾向が見られることから、これを「早発性痴呆」と呼びました。この名称を初めて提唱したのは、フランスのモレルでした。

 その後、20世紀に入って、スイスのオイゲン・ブロイラーが、いろいろな精神機能の分裂がもっとも重要な特性であると考え、いくつかの分裂した病気からなる症候群としてSchizophrenie(精神分裂病)という病名を提唱しました。そして、この病気はその経過中に必ずみられる基本症状として、次の4点を挙げています。@自閉症状(現実から空想へ引きこもる)、A感情鈍麻の症状(感情が鈍くなる)、B連合障害の症状(考えにまとまりがなくなる)、C両価性の症状(同じ対象に対して、まったく反対の感情を同時に抱く)を基本の症状とし、幻覚・妄想・緊張興奮状態などの症状は、みられないこともあることから、副症状としました。

 そしてその後、ドイツのクルト・シュナイダー(精神医学者)は、診断上重要な症状を一級症状としました。一級症状として挙げたのは、@考想化声(自分の考えが他人の声で聞こえる)、A批判性幻声(自分を批判する声が聞こえる)、B対話性幻声(自分の悪口をいい合っている)、C考想伝播(自分の考えが周囲に知られている)、D考想奪取(自分の考えが抜き取られている)、E思考干渉(自分の考えが干渉される)、F妄想知覚(2本の交差する箸を見て、十字架にかけられると確信する)などです。それ以外の症状を二級症状としました。診断では、患者さんに一級症状が確実にみられ、器質的な原因がない場合を重視しています。このシュナイダーの提唱した一級症状は、現在の統合失調症の診断基準であるアメリカ精神医学会の『精神疾患の診断・統計マニュアル』(DSM)や、世界保健機関(WHO)の国際疾病分類(ICD)の診断基準にも重視されています。

 このように、統合失調症は「早発性痴呆」から「精神分裂病」へと変わり、日本でもつい最近まで「精神分裂病」と呼ばれていました。しかし、精神が分裂する病気という語感が、患者さんの人格を否定する印象があることから、偏見と差別を助長するとして、日本精神神経学会は2002年に「統合失調症」という病名に変更したのです。「精神分裂病」はSchizophrenie(スキゾフレニア)を直訳した言葉で、精神が分裂するという意味ではありません。もともとは、思考の内容にまとまりがなくなり、物事を関連づけて考える働きが障害された状態をさしています。したがって、統合失調症という病名は、病気の概念を変えずに、より病気の実態に近い病名になったことになります。この病名の変更は、この病気に対するイメージを大きく変え、人々に受け入れられるようになったのです。臨床現場においても、これまで避けられることが多かった病名の告知が、普通の病気と同じように告知できるようになり、患者さんや家族においても、回復可能な病気として受け入れられ、病気を正しく理解し、自主的に治療に取り組もうという姿勢に変わってきたことは大きな進歩といえます。

統合失調症は決して少なくない病気

 統合失調症と聞くと、まれにある病気というイメージがありますが、決してめずらしい病気ではありません。疫学的統計頻度のところでも述べましたが、有病率は人口100人に対して約1人の割合です。正確には、0.7%〜0.9%が統合失調症になる確率です。この発症率は、都市部にやや多いという報告もありますが、どの国や地域、人種、またどの時代でもほぼ一定していることがわかっています。これは、日本においても同じことが言えます。

 2005年の厚生労働省の患者調査では、日本のがん患者数は約140万人、これに対して統合失調症の患者数は約76万人で、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の患者数の約63万人を上回っています。がん患者の約半数が統合失調症の患者数であることを考えると、決してめずらしい病気どころか、とても多い病気の一つであることがわかると思います。例えば、学校でも一学年に生徒が100人いれば、1人ぐらいは統合失調症になる人がいますし、会社でも1000人規模の職場であれば、10人程度は統合失調症の人がいるものです。中には思い当たらない場合があるかと思いますが、治療を受けていれば病気に見えないこともよくあります。また、病気までいかなくても、ちょっと変わった人程度の場合もありますが、どこでどのような調査をしても、だいたい1%の確率で患者さんはいるものです。発症しやすい年齢は、20歳前後がピークです。もちろん、その他の年齢で発症することはありますが、60歳以上や10歳以下に発症することはほとんどありません。

 統合失調症の発病率(人口1000人当たり1年間に発病する比率)

    〈国名〉     〈発病率〉   (男/女)
  • ・デンマーク      0.07   (0.09/0.07)
  • ・インド(郡部)    0.11   (0.13/0.09)
  • ・インド(都市部)   0.09   (0.08/0.11)
  • ・アイルランド     0.09   (0.10/0.08)
  • ・アメリカ       0.09   (0.10/0.08)
  • ・ロシア        0.12   (0.10/0.14)
  • ・日本         0.10   (0.11/0.09)
  • ・イギリス       0.14   (0.17/0.12)

       出典:1992年 WHO/DOSMeD研究による




インデックス
次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック