トップページ tel:0792626871
統合失調症/Schizophrenia

疾患の原因

 統合失調症の病因については、現在まだ明確に確定されていません。進学・就職・独立・結婚など、生活上の大きな転機が契機となり、さらに体質・環境・心理的要因のほか、性格・遺伝・脳細胞の損傷などが相互に関係し合って発症しているものと考えられますが、その発症メカニズムは依然として不明です。しかし、こうしたさまざまな要因が複合的に考えられる中で、脳を中心とする神経ネットワークが障害される病気である可能性が、最近の脳の構造や機能の研究によって次第に明らかになってきました。脳の異常をはじめとする主な発病原因について以下に概説します。

脳の異常

 統合失調症の原因を調べていくと、患者さんの脳にいくつかの特異的な異常があることが明らかになってきました。その一つは「神経伝達物質の異常」であり、もう一つは「脳の構造や機能の異常」です。

神経伝達物質の異常

 通常、脳を構成している神経細胞間においては、神経伝達物質という化学物質を介して、さまざまな情報が伝達されています。この情報伝達の役目を果たしている神経伝達物質にはいろいろな種類がありますが、その中の一つである「ドーパミン」が統合失調症の発症に深く関与しているのではないかと考えられています。ドーパミンが過剰に分泌・生産されることによって、情報伝達に混乱をきたし、幻覚や妄想の症状が出現しやすくなることが知られています。そのため実際の治療に際しては、ドーパミンの働きを抑制する薬物(抗精神病薬)を投与すると、急性期の症状が改善することがわかっています。研究によると、気分をコントロールする前頭葉においては、ドーパミンが極端に多かったり少なかったりすることがわかっており、陽性症状が出ているときは過剰に出ているときで、陰性症状のときはドーパミンが少ないときとも言われます。そのため、興奮が抑えられなくなったり、何もやる気が起きなくなったりするという症状が現れるのです。神経伝達物質では、このドーパミンのほか、セロトニンやグルタミン酸なども関係しているのではないかと考えられています。

脳の構造や機能の異常

 人間の脳は、大きく分けて三層構造で出来ています。第一層は、脳の中心部分にあって、生命をコントロールしている「脳幹」、第二層は脳幹を包むようにしてあり、感情や情動の中枢である「大脳辺縁系」、そして第三層は大脳辺縁系の周りを取り囲むようにしてある「大脳皮質」で、知的・精神的活動の中心となっている部分です。統合失調症は、この脳幹の視床、大脳辺縁系の基底核や扁桃体、大脳皮質にある前頭葉や側頭葉など、これらの機能や構造の欠陥によるものと考えられています。

(1)前頭葉の異変
 前頭葉は、物事を理解し、考え、創造するための精神活動の中枢です。また、問題を解決するために考えたり、決断したり、調整したり、善悪の判断をしたりする抑制の中枢でもあります。つまり、前頭葉は人間がより良い生活を営むために働く脳ですが、統合失調症の患者さんの中には、この前頭葉に異変が現れることがあります。CTやMRIの装置で、重症の患者さんの脳を検査すると、脳の一部の体積が健康な人よりも小さいことがわかっています。神経細胞が欠けている状態です。
 また、PET(陽電子放射断層撮影)で脳の血流をみると、統合失調症の患者さんの場合、前頭葉への血流が明らかに低下していて、前頭葉が正常に働かない状態になっています。このように、神経細胞の欠如や血流の低下が、人と話をしても、相手の気持や言っていることの意味がつかめなったり、思ったことや言いたいこと、また行動したいことが、上手く表現できなくなったりすることになります。

(2)側頭葉の体積の減少
 側頭葉には、知覚(聴覚、視覚、嗅覚、触覚など)の他、現実の認識、記憶力の機能があります。MRIで検査をすると、側頭葉の一部が欠けたりして体積が減っていることがあります。こうなると、知覚に障害が起こり、実際にはない声が聞こえたりする幻聴が起こります。

(3)大脳基底核の活動の低下
 大脳基底核には、知覚を調整して精神の集中をはかる機能があります。CTスキャンで見ると、基底核の活動が低下しているのがわかり、この障害によって、意識を集中できなくなり、エネルギーを消耗して疲れやすくなります。

(4)大脳辺縁系の体積の減少
 大脳辺縁系の扁桃体などがある部分では、感情や知覚を理解し分析する働きをしています。MRIの画像で、患者さんの扁桃体を見ると、欠如して体積が減っていることがあります。この大脳辺縁系の機能不全によって、前頭葉とうまく連携がとれなくなり、それによって相手の反応がつかめず、自分の行動がうまくコントロールできなくなります。

(5)電気生理や神経回路の異常
 音や視覚情報の伝達は、電気刺激によるものですが、統合失調症においては、脳に電気的な変化が起きることがあります。また、神経回路の変化もよく見られます。この電気的な変化や神経の変化は、統合失調症によって生まれるものと考えられます。

脳の損傷

 発達中の脳に損傷が起こった場合にも、罹患率が上昇します。例えば、@妊娠中期(13〜24週)のインフルエンザ(ウイルス)感染、A分娩中の低酸素状態、B出生時の低体重、C母体と胎児の血液型不適合などが、出産前後や分娩中に発生した場合でも発症することがあります。




次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック