トップページ tel:0792626871
統合失調症/Schizophrenia

病期別にみた症状

《急性期の症状》

 統合失調症の急性期においては、幻覚、妄想、興奮などの陽性症状が前景に出てきます。また、感情的に不安定で切迫感が強い状態になります。さらに、食欲が低下し、睡眠障害や昼夜逆転のリズムなど、身体面でも顕著な変化が起きてきます。そのため、周囲とのコミュニケーションが障害され、病識も欠如してきます。

《回復期の症状》

 統合失調症の回復期は、他に臨界期とか寛解後疲弊病期、転回期などとも呼ばれ、PPD(精神病後抑うつ)もこの時期に出現します。初回エピソードで、幻聴が消失する割合は、90%程度です。この割合は、再発を繰り返すごとに低下するため、再発の防止が治療上重要になってきます。また、陰性症状が目立つのもこの時期からです。 

《安定期の症状》

 安定期では、陽性症状および陰性症状ともにある程度固定しますが、すべての人が慢性化するわけではなく、だいたい70〜80%のケースで何らかの症状が残ります。特に、陰性症状が強い場合は能力障害をきたし、抗精神病薬が効きにくく、心理社会的治療が適応されます。

《前駆症状と再発早期徴候》

 一般に先駆症状として、神経衰弱様状態、神経症症状(離人・強迫など)、抑うつ症状、一過性の精神病症状、などがあります。また、社会適応も悪くなり、成績低下や不登校、欠勤などの行動面において変化がよく見られます。一方、再発早期徴候は人によってほぼ一定しており、神経症症状や軽度の精神病症状、さらには不眠などの身体症状がよく見られます。この時期の持続期間には、かなりの個人差があり、数日から数カ月の差があるため、介入を難しくしている要因になっています。

            【症状出現の頻度】

《幻覚》
  • ・幻聴……………………………………71
  • ・注釈幻声………………………………34
  • ・会話性幻声……………………………31
  • ・身体幻覚・幻触………………………15
  • ・幻嗅……………………………………5
  • ・幻視……………………………………31
  • ・幻覚の総合重症度……………………70
《妄想》
  • ・被害妄想………………………………67
  • ・嫉妬妄想………………………………3
  • ・罪業・罪責妄想………………………29
  • ・誇大妄想………………………………32
  • ・宗教妄想………………………………25
  • ・身体妄想………………………………24
  • ・関係念慮・関係妄想…………………35
  • ・影響妄想………………………………37
  • ・考想察知………………………………34
  • ・考想伝播………………………………14
  • ・考想吹入………………………………19
  • ・考想奪取………………………………17
  • ・妄想の総合重症度……………………85
《奇異な行動》
  • ・衣服と外観……………………………12
  • ・社会的・性的行動……………………24
  • ・攻撃的・焦燥的行動…………………19
  • ・反復的または常同的行動……………11
  • ・奇異な行動の総合評価………………16
《陽性の思考形式障害》
  • ・話題の脱線(連合弛緩)……………33
  • ・的外れ応答……………………………33
  • ・支離滅裂(言葉のサラダ・分裂言語症)……9
  • ・非論理性………………………………10
  • ・迂遠……………………………………14
  • ・会話の促迫……………………………13
  • ・注意転導性会話………………………13
  • ・音韻固執………………………………1
  • ・陽性の思考形式障害の総合評価……42
《感情の平板化・情動鈍麻》
  • ・表情変化欠如……………………………88
  • ・自発的動きの減少………………………55
  • ・身振りによる表現の減少………………58
  • ・視線による表現の減少…………………56
  • ・情動反応性欠如…………………………44
  • ・場にそぐわない情動……………………50
  • ・声の抑揚の欠如…………………………50
  • ・情動の平板化・情動鈍麻の総合評価…88
《思考の貧困》
  • ・会話量の貧困……………………………49
  • ・会話内容の貧困…………………………40
  • ・途絶………………………………………14
  • ・反応潜時の延長…………………………22
  • ・思考の貧困の総合評価…………………52
《意欲・発動性欠如》
  • ・身だしなみと清潔度……………………74
  • ・職業、学業持続性欠如…………………89
  • ・身体的不活発……………………………68
  • ・意欲・発動性欠如の総合評価…………90
《快感消失・非社交性》
  • ・娯楽への関心と余暇活動………………79
  • ・性的関心と性行為………………………35
  • ・親密さや親近感を感じる能力…………60
  • ・友人関係…………………………………87
  • ・快感消失・非社交性の総合評価………87
《注意の障害》
  • ・社会的状況での注意の障害……………56
  • ・精神作業中の注意の障害………………52
  • ・注意の障害の総合評価…………………66


※アイオワ大学の入院患者を対象に評価した陽性症状と陰性症状の出現頻度。




インデックス
前のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック