トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル
統合失調症/Schizophrenia

主な症状

 統合失調症の症状は多彩ですが、大きく分けると「陽性症状」と「陰性症状」の二つのタイプがあります。簡単に違いを述べると、陽性症状は幻覚や妄想など、本来あるべきではないことがあるように起こる症状です。一方陰性症状は、感情の起伏の平坦化、意欲の低下などで、本来あるべきものがなくなる症状です。陽性症状は病気の急性期に現れ、陰性症状は病気の発症後に徐々に目立ってくることが多いです。なお統合失調症は、これらの症状が現れる前に、何らかの異変(前駆症状)があるものです。それに気付き、早めに治療することによって症状の悪化を防ぐことができます。

《前駆症状》

 統合失調症の発症前には、次のような異変が見られることがあります。

前駆症状

 統合失調症の発症前には、次のような異変が見られることがあります。

  • ・夜眠れない(昼夜逆転の睡眠パターンに変化)
  • ・部屋に閉じこもるようになる
  • ・口数が少なくなる
  • ・身なりに構わなくなる
  • ・性格が変化する
  • ・他人に対して猜疑心が強くなる
  • ・人間関係に問題が起こる
  • ・イライラしやすくなる
  • ・集中力が低下する
  • ・成績が急に下がる
  • ・奇妙な話し方をする
  • ・奇異な行動をとる

 例えば突然に学校へ行かなくなり、部屋に引きこもって、服も着替えず、また歯磨きもしない、顔も洗わないなど、周りの人が見て理解できないような行動をとるようになったときは、統合失調症の可能性があります。

陽性症状

 陽性症状は統合失調症の一つのタイプで、発症後の急性期には、現実と非現実の境が顕著にぼやけてきて、幻覚や妄想が出現します。思考の一貫性が低下し、話の内容にまとまりが欠けてきて、現実への適応能力が低下します。例えば、耳元で絶えず誰かが自分の悪口を言っている幻聴があったりして、物事に集中できなくなり、眠ることさえも困難になります。陽性症状の主なものは、「幻覚(幻聴が主、まれに幻視など)」「妄想」「思考の障害(洞察力の欠如、支離滅裂な言語など)」「強いイライラ」「激しい興奮」などがあります。これらは統合失調症を特徴づける症状で、原因としては、脳内神経伝達物質の一つであるドーパミンの機能異常が深く関与していると考えられており、治療によって比較的容易にコントロールすることができます。

陰性症状

 統合失調症の症状のもう一つのタイプに陰性症状があります。個人差はありますが、感情の起伏に乏しく、意欲が低下し、興味も減退します。自発性、感情、意欲、興味などは、私たちが活動する際には不可欠なもので、これらの機能が低下するのが陰性症状の特徴です。具体的な症状として、感情の鈍麻、興味の喪失、引きこもり、意欲の低下、身だしなみや衛生面にかまわなくなる、食事に無関心、気分の落ち込みなどがあります。この陰性症状は、陽性症状と比べると目立ちにくい症状ですが、急性期を過ぎて社会的機能を回復していく上で、問題になりやすい症状です。孤独な環境に陥りやすく、環境的な要因が陰性症状の悪化に関与することがあるので、周囲の理解やサポートが回復の過程で重要なサポートとなります。




インデックス
次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック