トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

ADHD (Attention Deficit / Hyperactivity Disorder)

注意欠陥・多動性障害

はじめに

2003年に文部科学省が全国の小中学校生を対象に行った調査では、普通学級に通う子どもたちの約3%に、落ち着きがなかったり、集中できないという特性を持った子どもがいることが明らかになりました。 この調査結果をふまえて、文部科学省は「特別支援教育」の基本方針を発表しました。

全国津々浦々の小中学校だけでなく、保育園、幼稚園、そして家庭の中に、集中ができず、落ち着きがない、あるいは、すぐに衝動的な行動に出てしまう子どもたちがいます。 こうした子は、まわりの友人や大人たちにとって「手のかかる子ども」あるいは「問題児」とみなされてしまいがちです。

しかし、彼らは、自分の行動特性のために、まわりから非難されたり、叱られたり、あるいはいじめの対象になりやすいため、本人自身が多くの困難を感じています。 こうした行動特性のある子どもたちに、注意欠陥多動性障害(ADHD)という診断名が与えられています。

ADHDは決してしつけや本人の努力が足りないことの結果ではなく、脳機能障害のひとつであることも明らかになってきました。 さらに、近年では、ADHDの症状を軽快させる有効な治療法や、日常生活での困難を解消する対処法があることも広く知られるようになってきています。 かつては、ADHDという「診断」をつけることに対して、レッテル貼りだという見方もありましたが、現在では、ADHDの子どもに対して適切な対応をすることで、二次障害を防ぐことが重要であることが明らかになっています。


よく聞く「ADHD」とは、どんな行動をとる子のことをいうの?

子どもの発達障害として、ADHDという言葉をよく耳にするようになりました。
どんな行動をとる子どものことをいうのでしょうか?

ADHDというのは、発達障害のひとつです。 発達障害というのは、子どもの精神機能が発達する過程で起きることがある、さまざまな障害の総称です。 主な発達障害には、自閉症、LD(学習障害)、アスペルガー症候群、高機能自閉症などがあります。

ADHDは、日本では「注意欠陥多動性障害」といわれています。 集中できないために忘れ物が多い、物をなくしやすい、落ち着さがない、物事を順序立てて行うことが難しい、衝動的、順番を待つことが難しいといった行動の特徴を持っています。 こういった行動特性は、子どもがもともと持っているものですが、ADHDの子はその行動のために周囲の理解がなかなか得られず、日常生活を送るうえでさまざまな困難を抱えながら生活しています。


ADHDの子の行動には、必ず「理由」がある

衝動的な行動をとりがちなADHDの子ですが、理由もなく騒いだりするようなことはありません。
この点が、ほかの発達障害との大きな違いなのです。

ADHDの子には、知的な障害は見られないことがほとんどです。 つまり、親や先生の言ったことは、しっかり理解できるのです。 しかし、理解はできても自分の衝動をうまく抑えることができないのが、ADHDの大きな特徴だといえます。

例えば、友だちと言い争いをしていて、急に手を出してしまうような衝動的な行動が見られます。 しかし、子どもの様子をよく観察していると、その行動には必ず理由があることがわかります。 はたから見ていると突然、友だちに手を出したように見えても、実はその背後には友だちとの気持ちの行き違いなどがあるものなのです。 ただし、こういった行動は、注意されても自分で意識して直すことはなかなかできません。

つまり、ADHDの子は対人的な社会性がないわけではありません。 「手を出した」ということで「問題児」だと決めつけてしまうのは大きな間違いです。







初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック