トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

躁うつ病(双極性障害)とは

はじめに

双極性障害は、あまり馴染みのない病名かも知れませんが、実は「躁うつ病」と呼ばれていた病気のことです。日本では躁うつ病と呼んでいましたが、用語を世界的に統一しようという流れのなかで、名称が変更され、双極性障害となりました。この双極性障害は、統合失調症(以前は精神分裂病と言われていた)と並んで二大精神疾患の一つで、気分障害のひとつでもあります。

双極性障害の“双極”とは、気分が両極端の状態に交互にぶれることを意味します。一方の極は躁状態といって、気分が爽快で、元気いっぱいで、意欲満々の最高の状態であるのに対し、もう一方の極はうつ状態といって、憂うつで気分が落ち込み、意欲がない最低の状態をいいます。双極性障害では、この躁状態とうつ状態が交互に繰り返して現れます。どちらの症状が先に現れるかは人によって違い、また生涯の発症回数も人によって異なります。

ただし双極性障害の場合、躁やうつがこのようにはっきり現れていれば、双極性障害と診断がつきやすいのですが、躁が軽いタイプの場合、単極性のうつ病と誤診されるケースが非常に多く認められます。その場合、うつ病の治療を続けますので、結果的に病気はなかなか治らないことがあります。現在、うつ病の治療をきちんと受けていていながら治らない場合、じつは双極性障害だったということは十分にあり得ることです。

このように診断が難しいのが双極性障害の特徴です。初診で、単極性のうつ病なのか、それとも双極性なのか、最近注目されている非定型うつ病なのか、それともまったく別の病気なのか、専門医でも診断に悩むところです。それはいろいろな理由によりますが、これまで日本の精神医学は、長い間、臨床や研究においては統合失調症が中心であったため、双極性障害についてはあまり焦点が当てられなかったという側面があります。統合失調症に比べると、双極性障害の躁状態やうつ状態は軽い病気としか受け止められていなかったのです。

また、躁うつ病という病名が使われていた時代には、医療現場では少なからず診断や治療において混乱が生じていたことも事実です。そのひとつは、躁うつ病のうつ状態と、うつ病のうつ状態の違いでした。これは一見うつ状態ではよく似ていますが、治療においては全く異なってきます。にもかかわらず、同じような治療がなされていたり、また躁とうつの状態を繰り返して発症する躁うつ病であるにもかかわらず、躁状態の時だけをとらえて躁病として診断したり、同様にうつ状態の時だけを診断してうつ病と診断しまうこともあります。したがって、正しい診断や治療がされなかったために、躁うつ病が悪化してしまうことになっていたのです。

日本での双極性障害はまだまだ研究途上にある疾患のため、その位置づけは今もって曖昧です。事実、双極性障害をうつ病に含める傾向もある一方で、うつ病は双極性障害のひとつではないかという考え方もあります。少しずつではあるが、その後の研究によって双極性障害の病態が徐々に明らかになってきている面もあります。そうした中で、双極性障害かもしれないとわかったら、早く手をうつことが大切です。この病気で失うものは決して小さくありません。時によっては、仕事や家族、社会的な信用や財産を失うばかりか、最悪の場合は命まで失うケースもあります。

他の病気もそうですが、特に双極性障害はうつ病と比べるとやっかいな病気だけに、早期発見と早期治療が重要となってきます。それは次の2つの意味で重要です。1つは「社会生活上の損失を少しでもくい止めるため」です。特に躁状態では、人間関係を悪化させて職場をクビになったり、金遣いが荒くなって破産したり、離婚したりするケースが多いからです。2つ目は「治らなかったうつ状態が改善する可能性がある」ということです。うつ病の治療薬である抗うつ薬は、双極性のうつ状態にはあまり効かないこともあり、早期発見で治療法を見直して、うつ状態を改善することは可能となります。

双極性障害が招く深刻な事態が分かってきたため、近年、双極性障害は重大な疾患であるという認識が医師の間で高まってきており、精神医学会でも注目されている疾患です。たしかに双極性障害は、うつ病に比べたら一般的にはまだまだ知られていない病気ですが、双極性障害自体はけっして稀な病気ではなく、身内や友人、また職場や地域において見聞きする機会が最近多くなってきています。今後、ポピュラーな精神疾患になることも予想されます。

国際的診断基準としてのDSM

医療現場における混乱は、躁うつ病とうつ病の関係にかぎらず、他の精神疾患においてもありました。医師によって診断と治療法が異なるという状況が、日本に限らず他の国においても生じたため、これは患者さんにとって不利益になるばかりか、精神疾患の研究に取り組む医師においても不都合となるため、この状況を打開しようということで、アメリカ精神医学会がひとつひとつの病気に対して、操作的診断基準とよばれるものを作ったのです。

それが、DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)とよばれるもので、その後何度か改訂され、現在第四版(DSM-W-TR)まで発行されています。いま欧米諸国やアジア諸国、日本など世界中の医師が、この診断基準に基づいて診断や治療を行っています。またこれとは別に、WHO(世界保健機関)が作ったICD-10という分類リストがありますが、これは精神疾患の分類や統計の目的でつくられたもので、DSMのように統一された診断基準を目的にして作られたものではないために臨床診断には向いていません。

双極性障害は最初にも述べたように、「躁」と「うつ」が入れ替わり現れる状態をいいますが、その場合の躁とうつは、DSM-W-TRにおいては、一般に一つの病気として扱う躁病やうつ病とは明確に区別されています。DSMでは、双極性障害における躁の状態を「躁病エピソード」といい、同じくうつの状態を「大うつ病エピソード」と呼んでいます。ここでいうエピソードとは、ある一定の期間のことですので、双極性障害の症状のようにある一定期間に現れる特徴的な躁の状態やうつの状態を意味しているのです。従って、これらのエピソードはそれ自身では診断コードはありません。独立した疾患単位として診断することはできないが、疾患の診断の構成部分として用いられるのです。   

以上のことから、DSMでは躁病エピソードと大うつ病エピソードを伴う一つの病気(これまで躁うつ病と呼ばれていた病気)を「双極性障害」と定義しているのです。DSM-W-TRにおける双極性障害の診断基準は、「病状の組み合わせとしてのエピソード」と「エピソードの組み合わせで定義される疾患」という二段階で診断されることになりました。 

では、現実に日本における精神医療の現状について、すべてDSM-W-TRの診断基準に基づいてきちんと行われているかとなると、必ずしもそうではありません。確かに双極性障害という診断名が、ある程度浸透してはきましたが、躁病エピソードや大うつ病エピソード、大うつ病といった言葉にはまだまだ馴染めないのが現状です。ただ、双極性障害という病名が少しずつ受け入れられるようになったことで、躁状態やうつ状態が単に躁病やうつ病といった単一の病気とは違い、あくまでも躁状態とうつ状態を繰り返す一連の病相のひとつとしての認識が得られるようになったことは事実です。

とはいっても、「うつ状態」という言葉の概念は依然として曖昧のままです。うつ状態が、大うつ病エピソードのことをいうのか、あるいはその基準を満たさない軽いうつ状態までを含めていうのか漠然としています。一方、大うつ病エピソードのことを「双極性うつ病」と呼んでみたり、またうつ病の中に双極性障害を含めてみたりする動きもあって、精神医療に関わる人たちの間でも混乱を招いているのが現状です。いずれにしても、臨床現場では患者さんに分かりやすく説明する必要があるために、今まで通りの「うつ状態」とか「うつ病」といった言葉を使って話しているのが現状です。

以上のような実情を踏まえて、大うつ病はうつ病、大うつ病エピソードはうつ状態、躁病エピソードは躁状態と呼ぶことにします。ただし、DSM-Wに基づいた診断基準を示す場合は、エピソード表記する場合もあります。また、身体的要因が特定できないものをうつ病、身体的要因が特定できるものを、○○性うつ病、○○性うつ病のうつ状態と表記して区別することにします。

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック