トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

アルコール依存症が原因で起こる様々な問題

アルコール依存症が原因で起こる身体疾患

1.肝障害
  • アルコールによる肝障害は、脂肪肝、アルコール肝炎、肝硬変というふうに悪化していく。 「脂肪肝」は、肝細胞内に脂肪がたまり、肝臓が腫大している状態で、断酒することによってよく治る。 「アルコール肝炎」は、肝細胞が変性、壊死を起こし、肝腫大、黄疸、食欲不振、悪心、嘔吐、全身倦怠感などが生じ、時には死亡することがある。「肝硬変」は肝障害の終着駅と言われている疾患である。肝細胞の広汎な壊死が起こり、その代わりに肝臓としての働きをしない結合組織の増生がみられる。肝臓ははじめ腫大し、後には萎縮する。黄疸、脾腫、手掌紅斑、クモ状血管腫、食道静脈瘤、女性様乳房、腹水、浮腫、肝性昏睡など重篤な症状を示し、死亡率の高い病気である。
2.アルコールすい炎
  • 強烈な上腹部痛や背部痛が特徴である。この痛みには鎮痛剤が効かないことが多い。内にはすい石がみられる。すい臓は萎縮し、拡張したすい管糖尿病の原因となる。
3.胃腸障害
  • A.急性胃粘膜病変
    アルコールの過飲により胃粘膜に浮腫、びらん、出血を生じ、上腹部痛、吐き気、嘔吐、吐血を起こす。断酒によって数日のうちによくなる。
  • B.胃・十二指腸かいよう
    かいようの発生にアルコールが関与するかどうかはわかっていない。だが大量のアルコールはかいようの治療に悪影響を及ぼすことは明らかである。食後や空腹時の腹痛、かいよう部位からの出血がみられる。ひどくなると穴があくことがある。
  • C.マロリー・ワイス症候群
    食道下部から胃上部の粘膜に裂創が生じ、大量の吐血をする。大量飲酒の後、吐き気、嘔吐を繰り返して起こすことが多い。
  • D.吸収不良症候群
    アルコール過飲者はたとえ十分な食事をしていたとしても、腸管からの吸収不良や下痢などによって、ビタミン不足をはじめとする栄養障害に陥りやすい。
  • E.アルコール心筋症
    長期大量飲酒によって、心臓が肥大して、不整脈、体動時の呼吸困難や動悸、夜間の突発性呼吸困難等がみられる。断酒によって急速によくなるが、末期になると断酒しても回復しない。
  • F.アルコール・ミオパチー
    主として、手足の筋肉がやられる。大量のアルコール摂取後、急激に骨格筋の筋痛、脱力、浮腫、壊死を生じる急性型と、徐々に体幹に近い筋肉の萎縮と脱力が起こってくる慢性型がある。
  • G.脳神経障害
4.ウェルニッケ脳炎
  • ビタミンの欠乏によって起こる。眼球運動障害、歩行障害、意識障害が主な症状である。しばしばコルサコフ症候群、多発神経炎を合併する。
5.コルサコフ症候群
  • 物覚えがひどく悪くなり、最近のことを少しも覚えられない。覚えのないことを聞かれると、作話をして答える。人物、場所、時間の見当がつかなくなる。
6.アルコール小脳変性症
  • 小脳虫部のプルキンエ細胞などの神経細胞が脱落する。歩行障害で始まることが多く、眼振、筋緊張低下、言語障害、振戦などが認められる。
7.多発神経炎
  • 四肢末端から始まる左右対称性の知覚鈍麻、痛み、しびれ感等が認められ、進行すると運動障害を伴うようになる。
8.アルコール痴呆
  • 大脳が萎縮することにより、知能低下、人格変化などを起こす。進行すると社会生活は不可能になる。
9.ペラグラ
  • ビタミンの一種であるニコチン酸の欠乏によって起こる。 日光にさらされる部位の対称性の皮膚炎、せん妄を中心とする精神症状、下痢などが主な症状である。治療が遅れると死亡する場合がある。
10.中毒性弱視
  • 徐々に視力が低下して、検査すると視野中心部に見えないところがあるのに気づく。断酒、栄養摂取によって改善する。老眼や近眼で眼鏡をつくるときには、この状態がよくなってからにしたほうがよい。
11.胎児アルコール症候群
  • 妊娠中に大量のアルコールを飲用していた母親から、特異的な顔貌、心臓その他の臓器の奇形、発育障害、知能障害などの中枢神経障害を持った子供が生まれることが知られている。また、アルコール依存症の母親の出産では、死産の率が高い。
12.糖尿病
  • インスリンを産生しているすい臓が、アルコールによって侵され、インスリン不足になることによって起こる。 検査では、高血糖と尿糖がみられ、口渇、多飲、多尿、空腹感、体重減少等の症状が出る。コントロールが悪いと多くの合併症を生じやすくなる。重症になると、毎日、インスリンの注射が必要となる。

以上あげた病気はすべて、アルコールの飲み過ぎが原因で起こるものである。 だからこれらの病気をよくするには、そのもとになっているアルコール依存症を治すことが大切である。 身体の病気に目を奪われて、断酒することが二の次にならないように気をつけよう。
一人のアルコール依存症者のまわりには、数人の酒を飲まない病人が出るといわれている。 人間関係を破壊しながら、進行して行くのが、この病気の特徴である。
その原因の一つは、アルコール依存症者の飲酒中心的な考え方や、行動にある。 いったんアルコールが入ると、次の酒を飲むことしか考えられず、周囲の人のことまでは、頭が回らない。
そのため自分の飲酒欲求にのみ奉仕する自己中心的な人間のように見えてしまう。まわりの人の病気に対する無理解も人間関係を悪くする原因である。 病気のためにアルコールをコントロールして飲むことができなくなっていることに気がつかず、アルコール依存症者を意志が弱く、道徳的に欠陥のある酒好きな人間として、非難したり軽蔑したりするのである。

こわれていく家庭

家庭の大切な機能は、二つあるといわれている。家族に心身の休息を与えることと、次の世代を担う子供を社会人として育てることである。 アルコール依存症の家庭ではこの二つを中心にして、あらゆる機能が損なわれてくる。
そして、行き着く先は、離婚、家庭崩壊である。以下、アルコール依存症の夫、その妻、子供のいる家庭を例にとって、どんな問題が生じるかを考えてみたい。

経済的困窮
飲酒のために多額のお金を使う、失職などで収入の道が閉ざされるといったことのために、一家の主がアルコール依存症になると経済的に苦労することが多い。 患者さんと、飲酒によってどれくらい損をしたかを大ざっぱに計算してみると、皆、数千万円の単位になる。生活苦や借金の問題など、苦労は絶えない。 サラ金に多額の借金をして首が回らなくなったという話もよく聞くことである。この病気を放置していると、家や財産など金目のものはすべて酒に変わってしまう。
役割の移動
父親がアルコール依存症である場合、父親として、夫として、一家の経済的支え手としての役割を果たすことが出来なくなり、その代わりを妻や、年長の子供が担うようになる。 妻の場合、父親の役目も負い、経済的にも一家を支えねばならないので、しっかり者になることが多い。 子供がアルバイトをしたり、進学をあきらめたりすることも珍しくない。
休息のない家庭
家族に心身の休息を与えるという家庭の大事な機能にも大きな問題が生じ、家に帰ってホッとできなくなってしまう。 家に近づくにつれて、足が重くなったり、胃が痛くなったりする妻は多い。 子供も学校からすぐに家に帰ってくるのをいやがり、公園で遊んできたりする。 アルコール依存症者でさえも、飲んでいる場合は家に帰りづらく、何日も泊まり歩くことがある。酔っぱらったときの暴力に備えて、いつでも逃げられるようにと、何年もの間普段着のまま床についたという家族の例もよくある。 家の中で安心して眠ることすらできなくなっているのである。
暴言、暴力
家族はアルコール依存症者をいなくてもいい人間、死んで欲しい人間あるいは殺してやりたい人としてみるようになる。 アルコール依存症者はそれに対して、ひどく腹を立てる。 そのため、お互いの存在価値を認めないような暴言が飛び交ったり、暴力が絶えなくなったりする。 アルコール依存症者が酔った時に家族に対して暴言を吐いたり、暴力を振るうことが多い。肋骨が折れたとか、鼓膜が破れたとかいう話は、よく聞くことである。 父親にけとばされて、腎臓が破裂した小学生の女の子もいた。 逆に、こらえかねた家族がアルコール依存症者に対して、暴力をふるったり、時には殺人に及び、新聞などで報道されることもある。 家庭の中は心身の休息どころか、危険がいっぱいなのである。
子供の苦しみ
「子供を社会人として育てる」という大切な機能にもいろいろな問題がでてくる。 アルコール依存症の家庭では、両親とも子供に対して首尾一貫した態度がとれないことが多い。 父親は、酔っている時と素面の時とでは、言うこともやることもまったく違う。 母親は飲酒問題の絶えない夫に対する怒りを子供に向けて、特に理由もなく叱ったりする。 後でそれを反省して、不自然にほうびをやったりかわいがったりする。 そうすると、子供は両親から何を期待されているのかわからなくなり、混乱するのである。 そして、自分がどのように成長していけばいいのか、まったくわからなくなってしまう。 また、子供は両親から正しい愛情をかけられない。父親は子供よりもアルコールが大切であるように見える。 母親は飲酒を監視することと、一家の生活を守ることで疲れ果てて、子供に愛情を注ぐゆとりさえも奪われる。 そして、子供は両親にとって自分はどうでもいい存在なのだと感じはじめて、精神的に荒廃していく。 子供が健康に育っていくためには、子供同士の付き合いも非常に大切であるが、アルコール依存症の家庭に育った子供は、友人をつくるのが困難になる。 友だちを家に連れてきても酔った父親のために恥ずかしい思いをすることが多いので、だんだんと友だちづきあいから遠ざかって、孤立していくのである。 このようにして子供は、感情的不安定、両親(特に父親)に対する恨み、成績の低下、登校拒否、家庭内暴力、神経症などさまざまな問題を起こすことが多い。
妻の悩み
アルコール依存症者の妻は、自分にはどこも問題がない、悪いのは酒害者であると考えているが、実はそうではない。 正しい知識を持たないままでこの病気に巻き込まれたのが原因で、他から援助を受けなければ立ち直れないほどの大きな問題を持っているのである。 まず、アルコール依存症についての知識がないから、アルコール依存症者を病人としてみることができない。 真面目にやれば、問題を起こさないでやれる人だと考えてしまうので、問題飲酒を繰り返すことに我慢ができず、がみがみ言ったり説教したり非難したりする。 病気を治すという観点に立った正しい対応はまったくできない。そのためちっともよくならないアルコール依存症者に対して、怒りや恨みをいだく。 この人のおかけで自分の一生はめちゃくちゃになったという被害者意識も強い。 年月が経つにつれて、飲酒問題は絶対によくならないという絶望感が生じ、早く死んでくれないだろうか、できれば殺してやりたいという、アルコール依存症者の存在を認めない気持ちも出てくる。 こういうことで夫婦の会話もなくなる。性生活もうまくいかなくなり、夫にさわられただけでも鳥肌だったり、夫の入った風呂には絶対に入れなかったりもする。 さらに、世間体の悪い思いをしたり、将来の生活に対する不安や暴力への恐怖などもあり、感情の安定を失ってしまう。 そうして日常生活がうまく行かなくなり、妻として母親として主婦としての役割を十分に果たすことができなくなる。 また、精神的な不安定が原因で体の病気を起こすこともある(心身症)。
失われていく社会的信用
家庭ばかりでなく、職場や近所などの人間関係にも大きな支障が生じる。生活の場も安く暮らせるところへと移っていく。 家族や仕事があった人でも、ドヤ街で一人寂しく死ぬこともある。
職場での問題
アルコール依存症が進行すると、職場にいるときは離脱症状が出ていたり、飲酒していたりする。そのため初歩的なミスが多くなる。 飲み過ぎが原因で遅刻や欠勤が目だつようになる。 連続飲酒発作が出てきたり、アルコールが原因の病気や事故で入院したりするようになると、長期に欠勤せざるをえない。 こうして上司から注意を受けることがたびかさなり、ついには職を失ってしまう人もいる。 新しい仕事についても飲酒問題のため決して長続きせず、転々と職を変え、そのたびに労働条件は悪くなっていく。 最終的には、働くことができなくなる。
警察問題
泥酔、酔っ払った時の暴力、飲酒運転や交通事故などで、警察の厄介になることがよくある。 道徳観念も麻痺してきて、飲み逃げ、わいせつ、詐欺、盗みなどの犯罪で捕まることもある。
友人の変化
酷酎時に問題を繰り返すようになると、健康な飲み友だちは遠ざかり、飲み仲間といえば自分と同じような問題飲酒者のみとなる。 病気が進行するにつれて、内科医、精神科医、警察官、職安の職員、福祉事務所の職員、裁判官、看守らの世話になる回数も増えていく。
近所づきあい
近所では、いわゆる「アル中」として有名になっていることが多く、一家の主人として尊重してもらえなくなっている 近所の人も大事な話は妻や年長の子供のところへ持っていき近所づきあいからも疎外される。 アルコール依存症は家族全体を冒していく病気である。 飲んでいる人だけを治療すればよいという問題ではない。 自分に対する家族の恨みや怒りに直接反応して、腹を立てないようにしよう。 それらはアルコール依存症に巻き込まれた家族の病気の症状であり、そうなるよりほかに仕方がなかったことをよく理解すべきである。 アルコール依存症になりやすい性格というものはないが、いったんこの病気になると、どんな性格の人でもほぼ似たようなものの考え方をするようになる。 周囲の非難や、自責の念にもかかわらず、病的飲酒欲求に従って飲み続けるためには、自分のアルコール問題をありのままに見ないですむように、自分を正当化した方が便利なわけである。
健康になりたい欲求と病的飲酒欲求
アルコール依存症者は心の中に、「飲酒問題のない健康な生活をしたい」という強い欲求を持っている。 しかし、一方ではこの病気からくる強烈な飲酒欲求(渇望ともいう)があり、多くの場合は、これに負けて、問題飲酒を繰り返している。飲み続けの現状に満足している人はいないし、はじめから問題を起こそうとして飲み始める人は誰もいないのである。自分の中に「健康な生活をしたい」という強い欲求があり、それこそが本心であることを忘れてはならない。 自分の良心がいつも負けてしまうというパターンは人間にはよくあることで、宗教もこの問題をテーマにしている。
孤独感と劣等感
飲酒問題を解決しようとして必死になっても、どうすることもできない自分の悩み、苦しみを理解してくれる人は誰もいない。 人に相談しても「そんなにやめたければやめられるはずだ」で片付けられてしまう。 何をやってもアルコールのためにうまくいかなくなるので、自分だけがほかの人と違ってみじめな人生を歩んでいるように感じる。 まわりの人はすべて、自分を非難したり、軽蔑しているようにみえ、素面で人前に出るのは勇気がいる。 このような感情は特にアルコールが切れてきたときに起こりやすい。「酒さえなかったら、もっといい人生が送れたはずだ」と思う反面、なんとも情けないこの気持ちを解決してくれるのは酒だけであり、「俺から酒をとったら何が残るだろうか」と考えてしまう。 そして、酒を手放すことがひどく恐ろしいことのように感じるのである。
少しくらいなら飲んでよいのではないかと思う
アルコールをまったくやめなければならないほど、自分の酒はひどくないと思っている。 今までは飲み過ぎたから悪かったと考えて、アルコールをコントロールして飲もうとする。 いわゆる節酒論であるが、この考えを持っている限りアルコール依存症はどんどん進行していく。
自分はアルコール依存症ではないと考える
アルコールの飲み過ぎが原因で、そこからいろいろの問題が生じてきたにもかかわらず、肝臓など体の病気を治すことに夢中になったり、仕事の遅れを取り戻すことしか考えなかったりして、自分の飲酒問題から目をそらそうとする。 他の人はアルコール依存症だが、自分だけは違うと思い、アルコール病棟に入院していることを不満に思う。 「アル中」とは、自分よりもっと重い人のことだと考える。
他人の攻撃をする
酒のためにどうにもならなくなっている自分のことは棚に上げて、他人の欠点に目をつけて、それを攻撃しようとする。 身近にいて、自分より弱い人を攻撃の対象にしやすい。 たとえば妻に対して、掃除の仕方がなっていない、料理がまずい、顔が気に入らない、いるだけで腹が立つなどという。 まわりが気に入らなくて、いらいらしているときは、本当は思い通りにいかない自分に腹を立てているのだということに気づくべきである。
飲んだことに理由をつける
問題飲酒を正当化しようとして、後で飲酒の理由をつける。 暑いから、寒いから、就職が決まってうれしいから、クビになって悔しくて……など、どんなことでも飲む理由にしてしまう。 また、子供や妻などまわりのせいにして酒を飲むことも多い。 しかるべき理由があったから飲酒したのであり、何も悪いことをしているわけではないといいたいわけである。 本当は、病気の体がアルコールを要求するから飲むのである。アルコール依存症になってしまったら、飲酒の理由は自分の体の中にあり、環境にあるのではない。 だから、飲む理由がなくなれば飲まなくなるのではないかと思い、環境を変えてもなんの効果もない。環境を整えるよりも、病気を治すことを考えるべきである。
嘘を言う
飲酒するためのお金を得ようとして、嘘をつくことが多い。 風呂へ行くと言って、風呂代でワンカップを飲み、頭とタオルを濡らして帰ったり、床屋代といって二千五百円もらって、千円のところにいき、差額で飲んだりする。 飲酒のために欠勤しても、風邪をひいたとか、兄が死んだとかいうような嘘の理由を考え出して報告する。 嘘をついてまで自分をよく見せたいということは、今の自分の状態はよくないと思っている、もう一人の自分がいるからである。
自分ほど偉い人間はいないと思う
これは飲酒しているときによくみられる気持ちである。 孤独感や劣等感を解決しようとしてアルコールに頼ると、酔いの勢いで、実際よりはるかに強い自分がよみがえってくる。 「女房はなんとだらしがないんだろう」「断酒会もでたらめだ」「精神科医は医者の中でも成績の悪い者がなるのだ」など、自分ほど偉い人間はいないという気分になる。 そのくせ、心中は決して穏やかではなく、イライラとしてやすらぎがない。 アルコールが切れると、また、なんともいえない情けない気分に戻り、それをよくするために、飲酒するということを繰り返すようになる。 断酒した後に、このような感情の状態になることも多い。 アルコールは入っていないのに、酔っぱらっているときと同じ気分(ドライトランク)になるのである。 どちらにしても、実際は何もできないのに、大きなことばかりいうので、まわりの人は大いに腹を立ててしまう。
飲むこと以外のことが考えられなくなる
いったん体内にアルコールが入ると、次の酒を飲むことしか考えられなくなる。 そのために、何よりもまず、飲酒することを優先するような行動パターンになる。 酒さえ飲めれば、それ以外のことはどうでもよくなり、ローンの支払いのための金で飲んだりというように、どんな大切なお金でもアルコールに変えてしまう。 また飲んではいけないときに限って酔っているようになる。
自分の回復が信じられない
アルコール依存症が進行してくると、自分が酒をやめられることが信じられず、絶望感に支配されるようになる。 入院中から次の入院先を考えることも珍しくない。 断酒会などでやめている人に会っても、信用することができないで、家では飲んでいるに違いないと考える。 自分がどんな病気にかかっているのかがわからないと、どこをどうやって治したらよいのか見当かつかず、そのため、酒をやめて健康に生活している姿を思い浮かべることができない。
酩酊時の記憶喪失(ブラックアウト)
酔っているときの行動を全く思い出せなくなる。 酩酊時の何時間か、時には数日間の記憶がなくなってしまう。 このあいたに遠距離の旅行をして、どうやってここまで来たのかと不思議に思うこともある。 これはアルコール依存症の初期にも起こるし、かなり進行して初めて生じる場合もある。
病的嫉妬
妻が浮気をしているのではないかという考えに悩まされる。 軽い場合には、確証がないので一人で苦しむのみであるが、ひどくなると根拠はないのに信じ込んでしまうという妄想にまで発展する。 そうなると、妻の後をつける、暴力を振るう、衣服を調べるなどという異常な行動に及ぶ。 心の中の「健康な部分」と「病的な部分」とを見わけるべきである。 酒はやめたい、家族にもずいぶん迷惑をかけてきたというのは、健康な心である。 飲んでもかまわない、悪いのはまわりだというような考えは病的なもので、飲酒問題を見えなくして病気をさらに進行させるように働く。 アルコール依存症について学び、他の人の体験談をよく聞いて、事実をごまかして飲酒を続けようとする自分の心と闘い、自分の姿をありのままに認めていくことが回復への第一歩である アルコール依存症は回復はあっても治癒のない病気だといわれている。 いったんこの病気になってしまえば、その進行の程度に応じて、絶対に治らない部分がでてくる。 すでに述べたように、飲酒に対してコントロールの効かない体質は一生治ることはない。アルコールさえ口にしなければ、その他の点では病気になる前とまったく変わることがない、これがもっとも後遺症の少ない回復の仕方といえよう。 しかし、この程度でとどまっている人は少なく、なんらかのアルコール関連の後遺症を残すことが多い。 肝硬変や糖尿病など重症になると完全に治らない体の病気もいくつかある。また、離婚、失職などの社会的な損失も、そのほとんどはもとに戻らない。 だから、後遺症の少ないうちにできるだけ早く病気に気がついて、アルコールをやめることが大切である。失った後で、「しまった」と思っても遅いのである。
初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック