トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

アルコール依存症

アルコール依存症とは?
アルコール飲料を長期にわたって連用していると、だんだんとお酒に強くなって大量に飲まないと酔わなくなる。 やがて酒による問題が出始め、歳とともにひどくなっていく。 しかし、いつでも飲める酒がないと不安であったり、飲酒が悪いとわかっていても、飲まないで辛抱することができない。 アルコールの量をひかえたい、やめたいと思っても自分ではどうすることもできず、飲み続けてしまう。
どうしてこうなるかというと、アルコールの持つ依存性によって、アルコール依存症が発病したためである。 日本では二〇〇万人以上の人がこの病気にかかっていると推定されている。 この病気の主な特徴は、酒の飲み方に問題がでてくることと、アルコールが切れてきたときに起きる「離脱症状」である。
酒の飲みかたの変化
一口で言えば、アルコールをコントロールして飲むことができなくなった(コントロール障害)ということである。 この病気になった人は少量でもアルコールを口にすると、ほどよい量で切り上げることができないで、やがて必ず酒による問題を起こしてしまう。 つまり飲みながら正常な日常生活をすることは、もはやできなくなっている。これが正常な大量飲酒者とアルコール依存症者を区別する大切な点である。
ここではっきりと覚えておくべきことは、いったんコントロール障害を起こしてしまうと、一生治ることがないということである。 酒を楽しみながら健康な生活をするという、普通の酒飲みにはもはや戻れないのである。

アルコール離脱症状群の出現

アルコール離脱症状群とは体内のアルコールが減少しはじめると出てくる数々の症状で、そのまま断酒し続ければ、たいていは数日以内に楽になる。 また飲酒によって体内のアルコールの量をあげることによっても消失するものが多い。 アルコール離脱症状群は、その出現の仕方によって、大きく二つの群に分けることができる。

早期離脱症状群
飲酒をやめて数時間すると出てくる症状で、そのまま断酒すれば数日のうちによくなる。 飲酒によっても消失するが、この場合は飲んだアルコールが新たな離脱症状の原因になるという悪循環を繰り返すことになる。 症状としては、手や全身のふるえ、発汗(特に寝汗)、不眠、吐き気、嘔吐、血圧上昇、不整脈、焦燥感、集中力の低下、幻聴、てんかん様けいれん発作などがみられる。「幻聴」はアルコール幻覚症とも言われ、誰も話している人がいないのに人の声が聞こえてきて、自分の悪口を言ったり、命令したりする。そのため恐くなって遠くまで逃げる人がいる。「てんかん様けいれん発作」は、アルコールてんかんと呼ばれるもので、九〇パーセント以上が断酒後二日以内に起こる。発作の回数は一、二回で、いわゆる大発作の形で起こる。治療は断酒を続けるのみでよく、抗けいれん剤を服用する必要はない。
後期離脱症状群
別名は、振戦せん妄である。お酒をやめて一、二日目に生じ、たいていは三日以内くらいで消失するが、まれに三ヵ月ちかく続くことがある。 主な症状は、幻視、見当識障害、興奮である。「幻視」とは、実際に見えるはずのないものが見えて、それを信じ込んでいる状態である。 小さな動物が群れて見えることが多い。また幻聴を伴うこともよくある。「見当識障害」というのは、時間や場所、人物の見当がつかなくなることをいう。 このような症状のために、不安や恐怖が強く、興奮して騒ぐ。このほか、発熱、発汗、振戦などの自律神経症状を伴うことが多い。 振戦せん妄を繰り返していると、コルサコフ症候群などの重症の脳障害を起こして回復しないことがある。

アルコール依存症の経過

この病気は治療しないで放置しておくと、あとで述べる体の病気や、社会的な問題を併発しながら、長い時間をかけてゆっくりと進行していき、必ず死に至る。 入院中の人をみると、三十歳前後で発病し、三十代はアルコールが原因の体の病気で内科をよく訪れ、四十代になって精神科に入院するようになり、五十を過ぎて死んでしまうという経過をたどる人が最も多いようである。 アルコール依存症者の平均死亡年齢は、約五十二歳であったという報告もある。 長期にわたる大量の飲酒のために、健康をそこない、家庭を壊し、やがては仕事をなくし、財産を失い、持っていたものはすべてなくして、死んでいくのである。
しかし、断酒を続けていけば、健康な一生をまっとうすることが可能である。 いったんアルコール依存症になった人は、二度と「ふつうの酒飲み」には戻れないこと、健康な生活をしたいと思えば、一滴でもアルコールを口にいれてはいけないことを、しっかりと覚えておいていただきたい。

次のように考えている人は、まだ自分がアルコール依存症であることを認めていないのである。

@今までは飲み過ぎたのが悪かった。二合以上は絶対に飲まないようにしよう。
A週末の晩だけ飲むことにしよう。
B強いアルコールに手を出すとよくないので、ビールだけ飲むことにしよう。
C意志さえしっかりしていれば、飲んでも問題は起こさないだろう。
Dもう三年もやめたのだから飲めるような体になったかもしれない。
Eちょっとくらい飲んでも、酒を切って病院に帰ればわからないだろう。

長期にわたって大量に飲酒していると、それがもとで、さまざまなからだの病気を併発する。
身体障害を起こす原因は、二つある。ひとつは、アルコールの臓器毒性であり、もうひとつは栄養障害である。 大量のアルコールは、全身の臓器を痛めつける。また、アルコール依存症になると、食事も取らないで飲みつづけることが多く、栄養の摂取が十分でなくなる。
たとえ十分な食事をしていたとしても、多量のアルコールのために吸収不良を起こすことが多い。 これらのことから、栄養が不足しやすいのである。

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック