トップページ tel:0792626871

PTSDの治療方法

PTSDの有効な治療方法として以下のものが挙げられます。


PTSD 心理療法

心理療法としては、支持的な心理療法が中心ですが、恐怖体験の言語化と不安反応のコントロールをめざした行動療法、また、最近の新しい治療法としてEMDR(眼球運動による脱感作と再処理法)があります。 これは、問題の記憶場面を思い浮かべながらリズミカルに目を動かすという方法で、外傷的記憶を処理するという効果があります。 また、PTSDの人は外傷的記憶を思い出したくないのであまり口に出さず、ただ我慢しているために、周囲からなかなか理解を得られないことがありますから、ソーシャル・サポートの意義が重要です。


EMDR (Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理)

EMDR(Eye Movement Desensitization and Reprocessing:眼球運動による脱感作と再処理)は、最近マスコミなどでも取り上げられることの多くなったPTSD (Post Traumatic Stress Disorder:外傷後ストレス障害)に対して最も効果的 と言われて、大変注目されている治療方法です。 その他にも、パニック障害や強迫性障害、社交不安障害、全般性不安障害、うつ病、躁うつ病などへの応用も期待されています。


 → EMDRについてはこちら


PTSD 薬物治療

薬物療法と心理療法を併用して行います。 不安・過敏症状・睡眠障害には抗不安薬、抑うつ症状には抗うつ薬、最近では選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が第1選択薬として用いられています。


PTSD 漢方薬治療

  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):
    神経質でビクビクして不安が強く、よく動悸を起こす場合や、対人恐怖や視線恐怖があり人からどう思われているかが過度に不安になるタイプに用いられる。投与量は7.5mg/日
  • 柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう):
    適応は柴胡加竜骨牡蠣湯と似るが、もう少し体力が弱い人や、気力が低下している人に用いる。冷えが強い人、胃が弱い人、うつ兆候がある人、寝汗をかく人などの恐怖・不安・不眠が対象となる。投与量は7.5mg/日
  • 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう):
    柴胡系と違い、パニックや過換気症候群を起こす患者や、泣いてばかりで、時に衝動的な行動を起こす患者、フラッシュバックに伴う悲哀的感情のある患者に用いる。体力が弱くても使用でき、頓服としても利用される。投与量は7.5mg/日
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯(けいしかりゅうこつぼれいとう):
    動悸・不安・緊張・不眠などの場合に用いるが、特にフラッシュバックや悪夢の繰り返しなどがある場合に有効。投与量は7.5mg/日
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん):
    月経周期に関連しておこる不安障害、更年期障害に伴う神経症状、月経症状に伴う不安・イライラ・強迫観念・動悸・胸部症状に用いられる。投与量は7.5mg/日
  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう):
    鬱々として不安を伴い、食事がのどを通らない場合に用いられる。投与量は7.5mg/日
  • 加味帰脾湯(かみきひとう):
    不安だけでなく、体力・気力が低下している場合に用いる。投与量は7.5mg/日

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック