トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

全般性不安障害

全般性不安障害は、ごく最近知られてきた病気です。 日常生活では誰でも不安や心配になることがありますが、それには理由や根拠があり、なんとか耐えることができます。 しかし、この全般性不安障害の不安はとりたてて理由もなしに、ふと、こころに浮かびます。対象を変えながら途切れることなく、次々と現れます。 また、絶えず、何か悪いことが起こるのでないか、失敗するのでないか、といったような心配事に心が占領されて、気持ちのやすらぐときがありません。 そしてこのとき特徴的なことは、心配事の内容が日常的な出来事で、仕事の責任、家の経済状態、家族や自分の健康、子供についてなどで、周囲の人からみれば取り越し苦労的なものが多いことです。 そして、本人も心配しなくてもよいということがわかっていることが多いのです。

しかし、いくら大丈夫、問題ないと自分にいいきかせても心配をコントロールできません。 いわば、取り越し苦労が1つ生まれると、その心配は次の心配を呼び寄せます。 間断なく数珠つなぎになって心配事が現れる状態と考えてください。 取り越し苦労とはいえ、常時、心配事をかかえていることは、大変なストレスです。イライラしやすく、リラックスできません。 このような状態が長期間続くと疲れやすく、落ち着きがない、小さな刺激にも敏感、物事に集中できなくなります。 心だけでなく、身体的にも筋肉が緊張して肩や首がこったり、筋緊張性頭痛、ふるえ、口の渇き、汗をかく、吐き気、下痢、頻尿、のどの違和感、ちょっとしたことにひどく驚く、筋肉のけいれんを生じます。

そのうえ寝つきが悪く、眠りが浅い睡眠障害を引き起こします。全般性不安障害の生涯有病率は3〜5%と非常に多い病気で、女性に多く見られます。 またパニック障害をはじめとする不安障害やうつ病などで受診した患者さんを注意深く診察すると、全般性不安障害も同時にもっていることが見つかる場合がよくあります。 訴える症状の中に不安が含まれている患者さんの30〜40%に、全般性不安障害がみられるという報告もあります。 アルコール依存症や睡眠薬などの薬物依存が同時に起こっていることもあります。 子供や若い人の場合は、勉強の成績や運動会などで自分がうまくやれるかどうかをひどく気にしたりします。 時間を守ることに過度に神経質だったり、地震や核戦争など破局的な出来事を心配したりすることもあります。 過度に従順、完全主義、自分に自信がもてない、ささいなミスや間違いで課題をやりなおす、承認を求めることに過度に熱心、などの傾向が認められます。 ある日突然起こるパニック発作から始まるパニック障害などの疾患と違って、多くの場合、いつから病気が始まったのか、あまりはっきりしません。

そのような不安が慢性的に持続しますが、悪くなったり少しラクになったりという波があります。ストレスが強い時期には、症状が悪化することが多くなります。 そういった人の多くは、自分は子どものころからずっと不安で神経質だったといいますが、不安症状の治療を求めて精神科を受診するのは、かなり上の年齢になってからであることが大半です。 不安に思う事柄が多岐にわたっているうえに、心身のさまざまな症状があるために、実際には内科など一般の診療科を受診する人がたいへん多く見られます。 そうすると検査をしても身体の異常はなく、「自律神経失調症」「心身症」「更年期障害」などといわれることもあり、不安症状の治療につながらないケースが少なくありません。 全般性不安障害の患者さんは、過剰な不安や心配との長年の付き合いから、自らを『苦労性』とか『心配性』と形容し、性格的なものと思いこんで、病気の可能性に気がついていません。 悪いことを予感し、それを避けるために日常行動も狭い範囲に限られ、生活の質は低下しています。 病的な不安を治療するためにも、全般性不安障害の正しい知識が大切といえます。

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック