トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

自律神経失調症 漢方薬治療

頭痛
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう):気温の高さに反応して起こる頭痛
  • 呉茱萸湯(ごしゅゆとう):冷え症に加え、吐き気を伴う頭痛
  • 五苓散(ごれいさん):雨や湿度の高さに関連して生じ、痛みより頭重感主体の頭痛
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):月経周期に関連して生じ、肩こりを伴う頭痛
  • 釣藤散(ちょうとうさん):イライラして強迫的傾向のある人の頭痛
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう):過敏性腸症候群やストレス性胃炎を伴う場合の頭痛
胸痛・胸部の締め付け感(心気症的で女性に多い)
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん):月経や更年期に伴う胸痛・胸部の締め付け感
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):動悸が主体の胸痛・胸部の締め付け感
  • 半夏厚朴湯(のどが詰まる感じの胸痛・胸部の締め付け感
腹痛・腹部膨満感・下痢・便秘
  • 桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう):神経質なタイプの人で、腹痛や下痢便秘交代がある場合
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう):胃痛や頭痛を伴う腹痛・腹部膨満感・下痢・便秘
  • 人参湯(にんじんとう):冷え症で冬に下痢しやすい場合
  • 大建中湯(だいけんちゅうとう):冷え症でお腹が張り、便秘気味の場合
関節痛(関節変形が少ないもの)
  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう):胃腸が弱く、冷えやすい体質の人で関節痛の場合
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):月経周期や更年期によって生じるこわばり、指の場合
  • 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう):頭痛や胃痛などを伴う関節痛
  • 麻杏遵甘湯(まきょうよくかんとう):痛みが強い関節痛(体質が弱い人は禁忌)
のぼせ・ほてり
  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう):暑がりの人で夏季や高気温時にのぼせ・ほてり
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん):更年期・胸部症状・不安を伴うのぼせ・ほてり
  • 桃核承気湯(とうかくじょうきとう):便秘・神経症状を伴うのぼせ・ほてり
めまい・むくみ
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):色白かつ低血圧の人で月経に関連して生じるめまい・むくみ
  • 五苓散(ごれいさん):雨や湿気に関連して生じるむくみの場合
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう):めまいと動悸を併発する場合
動悸
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):不安・緊張・神経過敏が強い場合の動悸
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう):めまいと動悸を併発する場合
  • 加味逍遙散(かみしょうようさん):月経や更年期に関連して起こる動悸
  • 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう):パニックに至ったり、不安で泣いてしまったりする人の動悸
発汗・冷え
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):社交不安障害のように緊張すると発汗する場合
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):めまい・頭重感・月経の不調を伴う冷え
  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう):胃腸が弱い人で、冷えると関節が痛くなる場合
  • 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう):冷えが主症状でしもやけが多い場合
慢性疲労
  • 基本は補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
  • 十全大補湯(じゅうぜんたいほとう):胃はそれほど弱くはないが、貧血気味でめまいがする場合
  • 人参養栄湯(にんじんようえいとう):身体の疲労に肺の弱さを伴う場合
  • 加味帰脾湯(かみきひとう):不安や不眠があり、体が疲れやすい場合
初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック