トップページ tel:0792626871

非定型うつ病(新型うつ病)

 近年、今までのうつ病とは異なる、新しいタイプのうつ病が増えてきました。従来型のうつ病を「定型うつ病」(メランコリー型うつ病)とすれば、これは「非定型うつ病」(一般的に新型うつ病ともいう)と言われるものです。特に都市部を中心に急増しており、ある報告によれば、全うつ病の30〜40%、または半数近くを占めるのではないかとも言われています。罹患する年齢層で見ても違いがあり、従来型の定型うつ病は40〜50歳代の中高年に多く発症するのに対し、非定型うつ病は20〜30歳代の若い世代に多いのが特徴で、しかも女性に多くみられます。

 そもそもこの非定型うつ病が知られるきっかけとなったのは、50数年前の1959年、イギリスの研究者が、それまでうつ病の標準療法として使われていた「三環系抗うつ薬」よりも、「モノアミン酸化酵素阻害薬」(MAOI)の「イプロニアジド」という薬が、あるうつ病患者のグループに劇的に効くことがわかって以来、非定型うつ病という病態の存在が明らかになったと伝えられています。

 この非定型うつ病は、従来型のうつ病と比べて、現れる症状が大きく違います。例えば、これまでのうつ病だと、「食欲がない」「眠れない」といった症状はよくあることですが、非定型うつ病になるとその逆で、「過食」とか「過眠」の状態が起こります。また、従来型だと何をするにも憂うつで、意欲も思考力も行動力も低下するのが、非定型になると、好きなこと、例えば趣味や買い物や旅行をしようとすると、人が変わったように、喜々として意欲的になり行動的になります。楽しいことがあると、抑うつ感が消えて急に元気になり、うつ病の人とは思えない状況になるのです。こうした態度や行為の急変が、しばしば周囲の人に誤解を与え、あの人は「気まぐれだ」「わがままだ」と見られがちになったりします。そして、家族や職場の人間関係がぎくしゃくすることもしばしばあることです。また、非定型のうつ病になると、他人からの行為や言葉に対して過剰に反応する拒絶過敏症になり、攻撃的になって、人間関係や社会生活に支障を来たすことがあります。さらに非定型うつ病は、パニック障害などの不安障害を併発しやすいのも特徴です。併発すると、病気が重症化し、慢性的になって治りにくくなります。

 治療法においても、非定型うつ病はこれまでのうつ病の治療法とは異なるところがあります。基本的には薬物療法や認知行動療法などの精神療法を中心に行われますが、特に非定型においては生活療法がより重要になってきます。患者の生活習慣の見直しや、生活改善が必要になります。病気のために、どうしても昼間と夜の生活が逆転しがちになり、生活の乱れが心に影響を与え、病気を悪化させるという悪循環になります。家族も病気について正しく理解し、患者と一緒になって、生活面の改善をすることが病気回復のうえで重要なポイントです。薬だけに頼らず、食事や睡眠のリズムを規則正しく整え、体を動かすことが大切です。20分以上の有酸素運動(ウォーキングや軽いジョギング。徐々に時間を延ばしていきます)を行うことで、不足しているセロトニンの分泌が盛んとなります。

 このように、非定型うつ病と従来型のうつ病とでは同じうつ病であっても、症状や治療法、患者への接し方、対応の仕方などが異なってきますので、診断においてはより慎重に正しく行われる必要があります。また、家族や周囲の人は、非定型うつ病についてよく理解を深め、患者を温かく見守ってあげることが必要となります。

定型うつ病(従来型)と非定型うつ病の違い

 定型うつ病も非定型うつ病も、共に大うつ病ですが、この大うつ病エピソードはDSM-W-TR(アメリカ精神医学会作成)によって診断されます。

【DSM-W-TRによる診断基準】

  • 1.1日の大部分の時間、毎日のように気分が憂うつ(例えば、悲しいまたは空虚な感じ、涙もろい表情、小児や思春期では怒りやすい)。
  • 2.1日の大部分の時間、毎日のように何に対しても興味と喜びを感じない。
  • 3.体重の5%以上の増減が1カ月間にある。または、ほとんど毎日、食欲がないか、反対に亢進している。
  • 4.ほとんど毎日、眠れない、あるいは寝過ぎる。
  • 5.ほとんど毎日、イライラしているか、何もやる気がない。
  • 6.ほとんど毎日、疲れやすいか、または気力がない。
  • 7.自分に価値がないと感じ、悪いことをしたと思ったり、迷惑をかけたと思ってしまう。
  • 8.思考力や集中力が落ちている、決断できない。
  • 9.死ぬことをしばしば考え、その計画を考える。

※上記の症状のうち、1または2が必ず含まれて、5つ以上が、同時に、2週間の間にあり、患者にとって異常につらいか、日常生活に支障が出ている。
※症状は、アルコールや薬物中毒や内科の病気によるものではない。
※愛する人を失ったあと、2カ月以内であれば離別反応と考え、大うつ病エピソードとは診断しない。

 DSM-W-TRの診断基準の1と2は基本症状であり、3〜9は随伴症状です。基本症状で1つ以上、随伴症状で3つ以上あって、全部で5つ以上の症状があれば、大うつ病と診断されます。この診断基準に従って、「定型うつ病」と「非定型うつ病」の違いを、それぞれの項目にしたがって具体的に見てみることにします。

@「毎日、ほとんど1日中気分が憂うつ」
 うつ病の基本症状は、気分の落ち込みです。定型うつ病の場合は、気分がずっと落ち込んだままですが、非定型うつ病は、度を越して気分が浮き沈みするのが特徴です。抑うつ状態であっても、好きなことがあればすぐに元気になったりします。

A「毎日、ほとんど1日中何をしても興味や喜びを感じない」
 これもうつ病の基本症状です。何をしても物事に興味や関心がなく、喜びを感じることができないのが定型うつ病です。ところが、非定型うつ病ですと、好きなことや嬉しいことがあれば、気分がすぐに晴れます。

B「1カ月の間に体重が5%以上増えるか、または減る。または毎日食欲がないか、逆に過食する」
 定型うつ病の場合、食欲がなくなって痩せることが多いが、非定型うつ病では痩せることはあってもまれで、多くの場合は食欲が亢進して過食になります。特に甘いものを好んで食べ、体重が増えます。

C「ほとんど毎日、眠れないか、または寝過ぎる」
 定型うつ病の場合、初期は朝早く目が覚めるが、病状が進行するにつれて、眠れなかったり、熟睡できなかったり、寝ても途中で覚醒してしまい、睡眠不足に陥ります。しかし、非定型うつ病では過眠(寝過ぎ)状態になり、1日10時間以上眠る日が週に3日以上あります。

D「ほとんど毎日、イライラしているか、何もやる気が起こらない」
 この症状は、本人の自覚症状ではなく、周りの人が客観的に見た場合に認められる症状です。定型うつ病の場合は、何もやる気が起こらないのが特徴で、やっても行動がのろく、弱々しく、活気がありません。一方、非定型うつ病は理由もなくイライラするのが特徴です。

E「ほとんど毎日、疲れやすいか、または気力がない」
 疲労感は、定型にも非定型にもあります。しかし、定型うつ病はだるさや倦怠感が強いのが特徴です。非定型うつ病では、初期から強い疲労感を訴えたり、また疲労感を超えて手足が鉛のように重く感じたりする鉛様麻痺が起こります。この疲労感というのは脳が感じる部分で、そこから気力がなくなって疲労感が表現されるのです。

F「自分は価値がないと思い、悪いことをしたと思う」
 定型うつ病の人は、人様や社会に顔を向けられない、といった過剰なまでの自責感を抱き、それが妄想と思えるほどにもなります。一方、非定型うつ病の人はどうかというと、周りに迷惑をかけているという意識は持っていますが、それは日常そばにいる人ならば解る程度です。

G「思考力や集中力が落ちている、決断できない」
 これは、定型でも非定型でも現れる症状です。ただし、非定型うつ病の場合は、不安・抑うつ発作以外では、病気が中等度以上に進んでから現れます。

H「死ぬことを考え、計画を考える」
 定型うつ病の人は、死にたいという思いは深刻です。自分をこの世から消したい、無くしてしまいたいという念慮が強く、病気が進むにしたがって自殺企図が高まり、実行することもあります。では、非定型うつ病の人はどうかというと、「死にたい」ということはよく言いますが、そのくらい自分はつらいという訴えの表れであり、助けを求めている表現でもあります。ただし、状況によっては深刻な場合もありますので、慎重に対応する必要があります。





インデックス
次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック