トップページ tel:0792626871

治療方法

薬物治療

薬を正しく使う

薬は、決められた量を正しく服用することが大切です。自己判断で不適切に使うと、治療効果が得られないばかりか、副作用が起こる原因にもなります。薬物療法は、いま起きている症状を改善させると同時に、認知療法と併用することで、再発予防の効果も高められます。そこで、薬を正しく使うための注意点をいくつか挙げておきます。

よく説明を聞く

 病院で薬が処方されるときは、医師や薬剤師から、その薬を服用する目的や効果、服用期間や副作用などについて説明があります。よく聞いて、疑問や不安があれば、遠慮せずに質問して確認することです。

効果が現れるまで時間がかかる

 抗うつ薬は、一般に服用してから効果が現れるまでに、1〜2週間ほどかかります。効果が出る前に、副作用が先に現れることも知っておくことです。焦らず根気よく治療を続けていくことが大切です。

薬の量は慎重に決められる

 抗うつ薬は、処方するとき最初は少なめの量から始め、効果と副作用のバランスをみながら少しずつ量を増やしていき、患者に一番合った量を見極めて処方します。患者によっては、効果が現れるまで、不安や緊張を和らげるため「抗不安薬」を併用する場合もあります。

決められた期間は内服を続ける

 症状が少し改善してくると、自己判断で薬の量を減らし、服薬をやめてしまう人もいます。決められた期間は正しく使わないと、かえってうつ病をこじらせたり、悪化させたりする原因になります。自分では良くなったと思っても、病状はまだ本調子ではないことが多いのです。医師の指示通りに正しく使うことが大切なことです。

薬の使い方は決まっている

 うつ病における抗うつ薬の使い方は、日本の精神科薬物療法研究会が定めた治療の流れに基づいて行われています。

抗うつ薬の種類と効用

 うつ病が発症する原因のひとつに、脳内神経伝達物質の機能異常があります。神経伝達物質であるモノアミンの機能が低下し、情報を受け取る側の受容体の異常などで、情報伝達がスムーズに行われなくなって発病すると考えられています。そこで、脳内の情報伝達機能を正常に戻すために用いられるのが「抗うつ薬」です。現在、日本では20種類以上の抗うつ薬が使われています。いずれも、次のような抗うつ作用があって、うつ病のタイプや患者の身体状況、合併症の有無、年齢などを考慮して使い分けられています。

  • ○気分明朗化作用……気分の落ち込みや憂うつ感をなくして、気持ちを明るくする作用をもっています。
  • ○意欲亢進作用……思考力や行動力などの低下を軽減して、意欲を高める働きがあります。
  • ○鎮静・抗不安作用……不安感や焦燥感を取り除き、気分を落ち着かせる作用があります。
 また、これらの抗うつ薬を服用することで、食欲の不振や睡眠障害、頭痛、吐き気、ヒステリー球(のどに何か詰まった感じ)、耳鳴、めまい、立ち眩み、フワフワした感じ、身体各部の痛みなどの自律神経失調症状や日内変動なども改善されます。

 さて、抗うつ薬にはたくさんの種類がありますが、開発された年代順や、薬の化学構造式などによって、大きく4種類に分類されます。

  • 第一世代抗うつ薬(三環系抗うつ薬)
  • 第二世代抗うつ薬(三環系抗うつ薬と四環系抗うつ薬)
  • 第三世代抗うつ薬(SSRI)
  • 第四世代抗うつ薬(SNRI)

【日本で用いられている主な抗うつ薬】

三環系抗うつ薬の特徴と副作用

 三環系抗うつ薬は、昔から使われてきた薬で、症状を改善する効果には最も優れていることから、重症のうつ病や、自殺のおそれがある激越型うつ病などに多く使われてきました。しかし、副作用が強いため、高齢者や合併症のある人に用いる場合は慎重な判断を要します。また、効果と副作用の関係では、抗うつ作用が顕著に現れるのは服用して1〜2週間後であるのに対し、副作用はそれより早く現れというのが欠点であります。このように三環系抗うつ薬は、抗うつ作用も強いが副作用も多いということや、効果が出る前に副作用の方が早く現れるという特徴をよく理解したうえで服用することです。

 三環系抗うつ薬には、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻止して、うつ症状を改善する働きがありますが、薬の種類によっては再取り込みの程度が異なるため、作用においても多少の違いがあります。例えば「イミプラミン」は気分明朗化作用が強い薬ですが、「アミトリプチリン」は鎮静作用が強く、「クロミプラミン」は気分明朗化作用と鎮静作用が強い薬です。ただ、治療効果そのものにおいてはそれほど大きな影響はありません。なお、三環系抗うつ薬の中には、第二世代のものもありますが、これを第一世代の薬と比べると副作用が少なく、速効性の面でも優れていると言えますが、薬理作用は弱くなります。第一世代と第二世代の薬は、症状によって使い分けられます。

 三環系抗うつ薬の副作用ですが、主なものは口の渇き、排尿困難、便秘、目のかすみ、眠気などがあります。この中で特に注意が必要なのは、排尿困難です。副作用が出たらすぐに主治医に連絡し、薬の種類を変えてもらうか、排尿を促す薬を処方してもらいます。また、大量に服用すると心臓や肝臓に支障をきたすこともあるので、定期的に血液検査や心電図検査が必要になります。

四環系抗うつ薬の特徴と副作用

 四環系抗うつ薬は、三環系抗うつ薬よりもより速効性を高め、副作用もより少なくする目的で開発された薬です。副作用が少ないので、高齢者にも使用することができます。この三環系と四環系の名前は、化学構造式の中に3つ、または4つのベンゼン環があるところからネーミングされたもので、セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害するという点では変わりません。四環系抗うつ薬は、これまで軽度から中程度のうつ病に使われてきましたが、最近は鎮静作用や催眠作用に期待して、不安、焦燥感、激越型うつ病、重度の睡眠障害、せん妄(極度の意識障害)などに使われることが多くなりました。

 三環系と四環系の副作用として、抗コリン作用と抗ヒスタミン作用が見られますが、これはうつ病と深く関わっているセロトニンやノルアドレナリンを阻害する一方において、アセチルコリンやヒスタミンなど他の神経伝達物質の受容体にも作用して、副交感神経の働きが抑えられて起こる副作用です。アセチルコリンの働きが抑えられると、排尿困難や口の渇き、便秘や頻脈、目のかすみなどが現れ、ヒスタミンの働きが抑えられると眠気などの副作用が現れます。

SSRIの特徴と作用

 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、日本では1999年から使われており、うつ病の薬物療法の第一選択薬で、「パロキセチン(パキシル・パキシルCR)」「フルボキサミン(ルボックス・デプロメール)」「セルトラリン(ジェイゾロフト)」「エスシタロプラム(レクサプロ)」などの薬が使われています。レクサプロは最も新しいSSRIで、副作用が非常に少なく、薬理作用も強いうえに、内服中断時に起こる離脱症状(退薬症候群)も最も少なくなっています。

 人の脳は、約140億個の神経細胞から出来ていて、それぞれの神経細胞は「神経伝達物質」を放出し、別の神経細胞の表面にある受容体に結合することによって、情報の交換が行われています。神経伝達物質には20種類ほどあるといわれ、この中でうつ病の患者においては「セロトニン」と「ノルアドレナリン」の量が減少しているといわれ、それがうつ症状を起こす原因のひとつとも言われています。減少の要因は、神経細胞から放出されたセロトニンやノルアドレナリンが、再び元の神経細胞に取り込まれるために起こるもので、この再取り込みを防いで、シナプス間隙内のセロトニンやノルアドレナリンの量を増やし、脳の情報伝達を活発にすることによって、うつ病の症状を改善するものです。

 SSRIはその名前のごとく、セロトニンだけを選択して再取り込みを阻害するため、他の神経伝達物質であるアセチルコリンやヒスタミンの受容体には作用しません。したがって、理論的には抗コリン作用や抗ヒスタミン作用の副作用はないことになります。また、心臓への影響も少ないので、副作用の強い三環系抗うつ薬を使えない高齢者の方や心臓の弱い人、合併症がある人などには比較的安心して使えます。SSRIは、三環系や四環系の抗うつ薬と比べると、作用の面で少し弱いため、重症のうつ病や激越型うつ病には適しません。ただ、不安を解消する作用が強いので、うつ病が慢性化したり、神経症化したり、また漠然とした不安が長期間続いている軽症うつ病などには効果があります。最近では、抗うつ薬としてだけではなく、パニック障害や強迫性障害、社交不安障害、月経前症候群、月経前不快気分障害などの治療にも使われています。またこのSSRIは、薬が効いている時間が長いので、1日1回の服用ですむ点も特徴です。

 副作用が無いといっても、皆無というわけではありません。吐き気や嘔吐、食欲不振などの消化器症状のほか、不眠、だるさ、性機能障害(性欲の低下、勃起不全)などが起こることがあります。もちろん、三環系や四環系の抗うつ薬に比べれば、大幅に副作用は抑えられています。SSRIの副作用というのは、脳以外の部位にあるセロトニンの受容体に影響を及ぼし、特に使い始めのころに吐き気や嘔吐など、消化器症状が現れることがあります。また、他の薬との相互作用が起こる場合もあり、他の病気で服用している薬がある場合は、前もって医師に伝えておく必要があります。

SNRIの特徴と作用

 SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は、現在、日本で使われている抗うつ薬の中では比較的新しく、SSRIと並んでうつ病患者に最初に使われる抗うつ薬のひとつです。使われ始めたのは2000年からで、現在「デュロキセチン(サインバルタ)」「ミルナシプラン(トレドミン)」という薬だけが現在使用されています。この薬は、神経細胞における神経伝達物質の放出時に、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みだけを選択的に阻害し、神経細胞間のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を増加して、うつ病の症状を改善しますが、三環系抗うつ薬比較すると薬理作用はかなり弱くなります。

 SSRIと同じようにアセチルコリンやヒスタミンの受容体には作用しないため副作用が少なく、高齢者や合併症のある人にも使用できます。また消化器系への副作用もSSRIよりは軽減されています。他の治療薬との相互作用も少なくなっていますが、前立腺肥大症のある人が使用すると、排尿困難がより強くなるおそれがあるため禁忌とされています。

NaSSAの特徴と作用

 NaSSAはノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬であり、抗うつ薬の分類の中では最も新しく、「ミルタザピン(レメロン・リフレックス)」があります。SSRIやSNRIとは作用機序が異なり、再取り込みを阻害するのではなく、セロトニン・ノルアドレナリンの受容体を刺激して、神経伝達物質の働きを強化させることによって抗うつ作用を発揮します。少し難しくなりますが、5-HT2受容体と5-HT3受容体の遮断作用を持つため、SSRIと比較して嘔気・嘔吐、性機能障害等の副作用がかなり少なく、またH1受容体遮断作用が強いために鎮静効果が高く激越型うつ病や希死念慮(自殺願望)が強いうつ病患者に効果的です。

抗うつ薬以外に使われる薬

 うつ病の薬物療法では、抗うつ薬以外の薬を用いて治療が行われます。おもな薬は次のようなものです。

《抗不安薬》
 精神安定剤として知られている「マイナートランキライザー」という薬で、体の緊張をほぐし、不安を和らげる効果があります。抗うつ薬だけでは不安が解消しない人、またうつ病が神経症化して不安が強い人などによく使われます。副作用としては、眠気やふらつき、頭痛、めまい、口の渇きなどが現れることがあります。
《抗精神病薬》
 抗精神病薬は、もともとは統合失調症に用いられる薬ですが、鎮静効果を得るために、ハロペリドールやリスペリドンなど、非定型抗精神病薬が少量使用されることがあります。
《スルピリド》
 スルピリドも抗精神病薬のひとつで、少量の使用で、抗うつ薬としての効果が得られます。初めは胃潰瘍の薬として開発されましたが、服用したところ気分の改善が得られ、抗うつ薬として使用されるようになりました。食欲低下などにも役立ち、軽いうつ病や慢性うつ病などに有効です。
《睡眠薬》
 うつ病の患者のほとんどが、中途覚醒や早朝覚醒などによって睡眠障害を訴えている人が多いです。そのため、治療の初期に睡眠薬を処方することがあります。ただし、常用すると依存性が高い薬ですので、使用の際は十分な注意が必要です。
《抗てんかん薬》
 抗てんかん薬のカルバマゼピンは、他の薬ではなかなか効果がない難治性のうつ病に用いられることがあります。副作用には、眠気、頭痛、目のかすみなどがあります。
《リチウム》
 炭酸リチウムは、躁病及び躁うつ病の予防と治療に用いられる気分安定薬の一種です。抗うつ薬と併用することで、抗うつ作用が現れると考えられ、再発を繰り返しているうつ病の予防のために投与されることがあります。少量の投与では、比較的副作用は起こりにくい薬ですが、まれに眠気やめまい、手の震えがあります。量が多すぎると中毒を起こすことがあるため、定期的に血中濃度を調べる必要があります。
《甲状腺ホルモン》
 うつ病の人には、軽度ですが甲状腺機能が低下している人がおり、精密検査をしても潜在的甲状腺機能低下症が発見されることが多いです。このような患者に甲状腺ホルモンを用いることがあります。
《トリプトファン》
 トリプトファンは、必須アミノ酸の一種で、セロトニンを生合成する際の原材料です。抗うつ薬と併用することで、セロトニン機能を正常にしようとするもので、副作用はありません。サプリメントとして個人輸入で入手可能です。Source Naturale社のL-トリプトファン1カプセル500mgを1日3回、毎食前に水と一緒に内服します。
《5HTP(5ヒドロキシトリプトファン)》
 トリプトファンが体内で代謝されると5-HTPになります。トリプトファンを内服するよりも5-HTPをサプリとして内服する方が効果は強くなります。5-HTPはアフリカに自生するマメ科の木「グリフォニア・シンプリフォリア」から、抽出された天然物質です。サプリメントとして個人輸入で入手可能であり、Source Naturale社の5-HTP1カプセル100mgを1日2回、朝食前・夕食前に水と一緒に内服します。
《セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)》
 セントジョーンズワートがうつ病や、また不眠症、精神障害、イライラなどに効果があるのは、セントジョーンズワートの有効成分ヒペリシンとヒペルフォリンが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンを増やす働きがあるからです。ヒペリシンとヒペルフォリンは、神経接合部のシナプス間隙でセロトニンの再取り込みを阻害することによって、セロトニンの濃度を高めるため、SSRIと非常によく似た働きをします。但し、気管支喘息の治療に用いられるテオフィリン(気管支拡張薬)や、心臓疾患などで用いられるワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬(低用量ピル)などと同時に内服をしてはいけません。




インデックス
前のページへ 次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック