トップページ tel:0792872766 モバイル モバイル

治療方法

 うつ病は、適切な治療をしていけば基本的には治る病気です。早期に発見して早期に治療することが理想的ですが、患者によって状況はまちまちです。中には、かなり症状が重くなってから専門医を受診する人もいれば、軽いうつ症状のうちに受診する人もいて、治療のスタートに大きな違いがあります。したがって、症状の現れ方にも個人差がありますので、一人ひとりの症状を十分見極めて、治療の内容や進め方を慎重に決めていくことになります。うつ病の治療の基本は「休養」と「薬物療法」と「精神療法」の三つです。治療をより効果的なものにするために、また1日でも早い回復をはかるうえで、治療を受ける心構えとして大事なことは、患者自身が勝手に判断して、服薬を中止したり、通院治療をやめたりしないことが非常に重要なことです。薬を指示どおりに飲まなかったり治療を途中で止めてしまったりして、病気を長引かせ、重症になるケースも少なくありません。医師の指示をきちんと守ることが、病気回復への第一歩であることを知っておいて下さい。

 まず休養ですが、うつ病の患者は心身ともに疲れており、エネルギーが枯渇してしまっている状態です。休むことに抵抗を感じる患者も多いですが、休養なくしてうつ病の治療は成り立ちません。とはいっても、休むことは患者にとってそう簡単なことではないのです。会社や学校に行っている人であれば、休むと「仕事に支障がでる」「同僚に迷惑をかける」「自分の将来が台無しになる」と考えます。これはうつ病という病気の特徴である罪悪感や自責感が、そうさせているともいえます。無理をして仕事をしても、ミスが続いたり、能率が落ちたりしてかえって会社に迷惑をかけることになります。自分は病気であることを自覚して、まず休養をとることを考えてください。休養の取り方としては、有給休暇や休職制度を使うのも方法です。また入院する方法もあります。自営業や主婦で、家では休めない場合などは入院することで休養できます。その際、家族や周囲の人は、本人が安心して休養できるように、出来る限り援助をしてあげることが大切です。

 もう一点大事なことは、うつ病を治療している期間中は、人生における重要な問題について、判断したり決定したりすることは避けるようにします。うつ病の人は早まって悪い判断をしてしまうことがよくあります。勝手に会社に辞表を出したり、学校に退学届を出したり、また金銭にかかわることや大きな契約などをしてしまうことがあります。退職、転職、退学、離婚、結婚など、重大な問題について、悲観的な決定をしてしまうことがよく起こります。焦って決断することなく、先延ばししてうつ病が回復してから考えるように周囲の人が注意してあげることも必要です。




インデックス
次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック