トップページ tel:0792626871

子供のうつ病

 受験やいじめ、不登校、両親の離婚、家庭の事情など、さまざまなことがストレスとなって、うつ病を発症する子供が増えています。うつ病にはなっていなくても、抑うつ症状の子供はかなり多いといわれます。特に、小学生のような児童期は、憂うつ気分、何をしても楽しくない、億劫な気持ち、その辛さや苦しさの気持ちを、大人達のようにうまく伝えられないため、ちょっとしたことでもイライラして感情的になったり、反抗的な行動や問題行動をとったりします。また、言葉でうまく説明できないため、単純に「頭が痛い」「お腹が痛い」などといった言い方をするため、親は子供が学校に行きたくないので嘘をついていると思ってしまいます。

 子供のうつ病は、大人のようにうつ病らしい症状はあまり出ないのが特徴です。「不眠などの睡眠異常」「食欲の低下」「体重が増えず、むしろ痩せる」などといった身体症状として現れることがほとんどです。また腹痛や頭痛などを訴えることもあります。このような身体症状が表に出るため、うつ病が見逃されることがしばしばあります。それと、子供のうつ病の背景に、「発達障害」があることがあり、「高機能自閉症やアスペルガー症候群」がある子供は、うつ病になりやすい傾向にあることがわかっています。小学校3〜4年生になると、学校という社会に適応できなくなり、学習や友達関係がうまくできず、それがストレスとなってうつ病を発症させているのです。

 また、小学校の高学年から中学生の思春期になると、児童期とは少し違う症状が見られます。元気がない、疲れやすい、集中力がなくなるといった症状が多く見られ、動くのが億劫になって引きこもりのような状態になります。不登校で家にいても、テレビやゲームにも関心がなく、何もせずにぼんやりと過ごしています。一見おとなしいように見えますが、時には家庭内で暴力をふるったり、学校の窓ガラスを割ったりする問題行動を起こすこともあります。うつ病の根底に、強い抑うつ気分と自暴自棄の気持ちが隠れているからです。このほか、頭痛や腹痛、食欲不振、睡眠障害などの身体症状もみられます。

 次に、うつ病による子供の自殺ですが、子供の死亡原因の上位を占めているだけに、特に家族や周囲の人は注意しなくてはならないと思います。自殺の兆候がそれほどなかったのに、ある日突然実行することもあります。気持ちの落ち込みが短絡的であることが、自殺に結びつく傾向にあります。自殺の方法も大人より単純で、身近な場所で実行されるというのも特徴的です。

 検査と診断は、児童期の子供であれば、まず小児科で相談することです。思春期の以降の若者であれば、精神科を受診します。身体症状がある場合は、胃腸などの内科的な病気の有無を調べる必要があります。一方、精神科での診断では、妄想や幻覚などが現れる「統合失調症」との鑑別も重要です。統合失調症は思春期に多く発症しており、しかも初期において抑うつ症状が現れることが多いので、うつ病との鑑別が難しいことも事実です。その後の経過を見守る必要があります。

 治療のポイントは、心身ともに疲れきっているので、先ずはしっかり体を休ませることです。そのためにも、学校や塾、部活、習い事など休ませ、早めに下校させてもらうなどして環境を整えます。適切に対応しても症状が改善しない場合は、薬物療法が行われます。児童期でも抗うつ薬が使われ、思春期以降のうつ病では、原則的に大人と同じ薬物療法が行われます。症状が改善しても、半年ぐらいは薬物療法を続けます。一度治ってもうつ病は再発する可能性が高いので、治療後もカウンセリングなどで心の安定をはかっていく必要があります。子供のうつ病の克服は、何よりも家族や周りの人の協力が必要不可欠です。焦らずせかさず、ゆっくり見守っていくことが肝要です。




インデックス
前のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック