トップページ tel:0792626871

高齢者のうつ病

 高齢者のうつ病も、最近の高齢化に伴って決して少なくありません。いうまでもなく、高齢化すると身体的な機能が低下し病気になりやすく、また配偶者や親しい知人が亡くなったりすると、生き甲斐をなくしたりします。こうしたことがきっかけになってうつ病を発症しやすくなります。ただ、高齢者の場合は認知症など他の病気もたくさん抱えていて、うつ病の診断が難しいこともあり、正確な統計はありませんが、65歳以上の老人の10〜20%がうつ病ではないかという見方や、70歳以上の人の30%に抑うつ症状がみられるという報告もあります。

 高齢者のうつ病を把握することは、そう容易ではありません。気分が落ち込んで不活発になったのを見て、家族も「年のせいで元気がないだろう」と考え、本人も身体的な病気のせいだろうと考えてしまって、うつ病を見逃しているケースは結構あるものと思われます。また、脳梗塞や脳出血のあとに起こるうつ病を、後遺症だろうと思い込んでいる場合もあります。さらに紛らわしいのが、高齢者のうつ病と認知症です。この二つはよく似ているところもあり、認知症だと思っていたらうつ病だったり、あるいはその逆であったりします。両方が合併している場合もあります。さらに高齢者の場合、一人暮らしの人も多く、家族のサポートがないため病気を見逃し、放置して重症化することもあります。それが、自殺につながることも少なくなく、統計的にも高齢者の自殺が多くなっています。本人、また周囲の人達を含めて、いかに早く高齢者のうつ病を発見し、正しく鑑別するかがポイントになってきます。

【要因】

 高齢者のうつ病の場合、原因を断定することは難しく、さまざまな要因が複雑に絡み合って発症しているのです。主要因の一つにあげられているのが、加齢に伴う器質的変化です。うつ病を招く原因の一つに、脳の神経伝達物質の関与が指摘されていますが、加齢に伴って神経伝達物質の分泌量に変化が起こり、高齢者うつ病の発症に影響しているものと思われます。このほか、副腎皮質ホルモンや甲状腺ホルモンなど、ホルモン系の分泌不全も心の変化に関与していると考えられます。また、脳卒中などの病気をした後は、意欲や気分の部分が障害されることがあり、それによって抑うつ症状が現れることもあります。病気をしたというストレスなども発症の要因になります。以前にうつ病を患った人の場合も、再発・再燃することがあります。

 このほか、心理的・社会的要因も関与しています。配偶者や友人との死別、経済的なものを失ったことへの不安、身体能力の低下など、喪失体験がストレスとなって心に大きくのしかかります。生活環境の変化では、入院や手術、リハビリテーションも要因になることがあります。

【認知症との鑑別】

 高齢者のうつ病で、症状がよく似ていて間違われやすいのが認知症です。認知症と勘違いされやすい高齢者のうつ病は仮性痴呆といって、反応や動作が鈍く見えたり、物忘れがひどくなったり、自分がどこにいるのかわからなくなったりすることもあります。仮性痴呆は、うつ病が改善すれば消えていきます。両者に共通している点は「活気がなくなり、引きこもりがちになる」「物事に興味を示さなくなる」などの症状です。では違う点は何かというと、うつ病の場合は気分変化として憂うつ感がありますが、認知症ではありません。また物忘れについては、認知症が進んでいる患者の場合、物忘れをしている自覚がありませんが、うつ病患者の場合は物忘れの自覚があり、記憶力の低下に悩んで、積極的に訴えようとする傾向があります。周囲でよく観察していれば、これらの違いはわかります。「認知テスト」でも、認知症かうつ病かを知ることはある程度できます。いずれにしても、認知症とうつ病では、治療や介護などが全く異なりますので、専門医の鑑別が必要になります。

 また、うつ病と認知症を合併している場合もあります。認知症による脳の変化が、うつ病を発症させることもあり、認知症とわかったことでそのショックからうつ病を発症することもあります。また、うつ病が重症化すると認知能力が劣り、認知症に似た状態になることもあります。うつ病は治療することによって症状が改善し、同時にうつ病で低下していた認知能力の回復もします。認知症と診断されていても、一度うつ病の有無を調べる必要があります。

【症状】

 症状は、若年層や壮年期の人と基本的には変わりませんが、高齢者としての特徴もいくつかあります。うつ病のサインとしては、「家の中に引きこもりがちになる」「好きなことをしなくなる」「食欲が低下する」「眠れなくなる」「探し物が増える」「家事をしなくなる」などがあります。特徴的な症状といえば、抑うつ症状がそれほど強く前面に出ないので、「うつっぽくない」感じがします。それから、体の不調が気になって心気症状が目立つことです。精神面よりも身体的な症状がよく見られ、特に痛みや腹部の不快感を訴えます。訴え方も大げさで、身振り手振りで「痛い!」「辛い!」「しんどい!」などとヒステリックに言います。また、時には妄想を伴うこともあります。妄想内容もいろいろで、被害妄想、罪業妄想、貧困妄想、虚無妄想などが見られます。

 体の変化では、体重減少や食欲低下の症状も見られますが、これはがんや糖尿病や甲状腺機能低下症などにも見られる症状なので、うつ病の背後にこうした病気が隠れていないか、内科的なチェックも必要です。また、不安や焦燥感、悲哀感が強いのも特徴です。体の病気を合併していて介護されていると、「家族に迷惑をかけるから」「この世から身をひきます」などと言って、自殺をはかる恐れもあります。

【検査と治療】

 うつ病と思われても、他の病気が原因していることも十分考えられますので、血液検査、尿検査、心電図、胸部エックス線検査などの一般的な検査を行って、体の病気がないかチェックします。また脳の検査も必須で、CT検査やMRI検査、PEA(ホスフォエタノールアミン)やBDNF(脳由来神経栄養因子)などの血液検査も行い、さらに脳梗塞や認知症や脳腫瘍などの病気がないかを鑑別するためにも、SPECT検査も必要と思われます。これらの画像検査を行っても、なおかつうつ病か認知症かを見極めるのが難しい場合は、ひとまず抗うつ薬による治療を行って、症状が改善されればうつ病があることはまず確認できます。もちろん認知症も疑われる場合は、精神科医と脳神経内科医との連携も重要となります。

 高齢者の治療も、基本的には薬物療法です。抗うつ薬のほか、不眠があれば睡眠薬などを使用したりしますが、薬の数は出来るだけ少ない種類にしぼります。使用する量も通常の5分の1程度の少量から始め、必要に応じて増やしていきます。高齢者は一般に、薬を代謝する肝臓や腎臓の機能が低下していますので、薬の種類や量は少ない量から始めるのが普通です。それと同時に、薬の飲み合わせの問題がありますので、現在治療している病気や使用している薬の種類については、必ず医師に伝えます。特に注意を要するのが、緑内障や前立腺肥大症、排尿障害の場合で、多くの抗うつ薬はこれらの病気を悪化させる可能性があります。治療に使われる抗うつ薬が限られますので、必ず緑内障と前立腺肥大症、排尿障害の患者は医師にその旨伝えてください。抗うつ薬が十分に使えない場合は、薬物療法以外の治療法も選択されます。たとえば「通電療法」や「経頭蓋磁気刺激療法」などがあります。




インデックス
前のページへ 次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック