トップページ tel:0792626871

難治性および治療抵抗性のうつ病

 治療抵抗性が起きる原因としては、やはり治療者側の診断の誤りと治療法の選択ミスが考えられます。代表的ものとしては、双極性障害の特にU型を見落としたり、非定型うつ病を、メランコリー親和型うつ病と同じ対応(薬物療法と安静)をしてしまったりするケースです。その結果、うつ病の遷延化と難治化につながり、患者にとってはなかなか社会復帰ができない原因となっています。このほか、身体的原因からくるうつ病、例えば認知症やパーキンソン病、甲状腺機能低下症などからくるうつ状態を、大うつ病として診断ミスしてしまう場合です。このケースも、抗うつ薬を延々と投与してしまい、いっこうに改善しない状況がしばしばあります。どうしても、内科的な病気であるパーキンソン病や認知症、脳梗塞などを見落としてしまって、その内科的な治療が先に行われないまま、うつ病治療だけを続けてしまうためです。もちろん、内科的な疾患を見落とさないために、精神科専門医のトレーニングが求められることはいうまでもありませんが、患者のうつ病が難治性であると判断した時点で、身体的な要因がないかどうかレビューし直してみる慎重さが必要と思われます。

 また中高年の女性患者の場合は、甲状腺機能の低下が原因していることがありますので、初期スクリーニングがより重要となります。高齢者になると、脳梗塞、糖尿病、腎障害、さらには認知症などが重複していることがあるので、細心の注意を払って診断する必要があります。一方、患者においても、メランコリー親和型うつ病以外のうつ病は、おしなべて難治性であり遷延化する恐れが十分あることを考えておく必要があります。特に、双極性障害では、適切に治療が行われず、かりに薬物療法が適切に行われたとしても、深いうつ状態で苦しむことがあります。また、非定型うつ病では、再発や再燃、難治化が原因して、自己不全感、自己否定、強いだるさ、気分がころころ変わったりすることがあります。このほか、うつ状態の背景には若年者の境界型パーソナリティー障害が隠れていることもあり、治療の反応が悪い治療抵抗性のうつ病になっている場合があります。したがって医師は、チャートによる治療に頼ることなく、自らの臨床経験や診断技量を活かして、治療効果をあげる努力が求められているといえます。

うつ病の自己診断テスト(FDI)

 このチェックリストは、うつ病の診断や病状把握のために、もともと医師用に開発されたものです。現在、臨床の場で広く活用されており、また誰でもが自分の心の健康状態を自分で評価し、数量として取り出し、自分で採点して自分で判定できます。

 診断テストの方法は、@〜(25)のすべての質問に対して、3点 2点 1点 0点 のいずれか1つを選んで○で囲んでください。3点=いつも自分に当てはまる、2点=かなり自分に当てはまる、1点=少し自分に当てはまる、0点=全く当てはまらない、です。最後に点数を合計して採点します。


【うつ病の自己診断テスト】






インデックス
前のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック