トップページ tel:0792626871

うつ病をひき起こす主な誘因・原因

性格

 ある人がうつ病になると、周囲の人は「あの人は几帳面で真面目だから」「仕事好きで責任感が強い人だから」と無意識に性格のことを言う場合が多いようです。また別な言い方では「あの人はストレスを溜めやすい性格だから」という場合もあります。つまり、几帳面で真面目で責任感が強いとストレスを溜めやすく、うつ病にかかりやすいということになります。このように、心の病に性格が影響しているという考え方は、かなり以前から一般的にも知られていました。ストレスの項でも述べたように、確かに同じストレスを受けながら、うつ病になる人とならない人の個人差があります。つまり、ストレスをうまく処理できるか出来ないかは、その人の性格によるところが大きいのではないかと考えられているからです。

 さて、この「性格」と「うつ病」の関係については、精神医学界でも早くから研究されていました。性格といっても千差万別で、精神医学界では古くから類型化が試みられており、これまでに3人の学者によって提唱されてきました。1つはドイツのクレッチマーが提唱した「循環性格」、2つ目は日本の下田光造博士が提唱した「執着性格」、3つ目はドイツのテレンバッハの提唱した「メランコリー親和型性格」です。1つ目の「循環性格」というのは、親切、善良、温厚、明朗、活発、社交的である一方において、物静かで気弱といった反対の性格を併せ持っているのが特徴的です。したがって、こうした性格の人はとかく八方美人で優柔不断のところが多く、物事をどちらかに決める際には、なかなか決断ができずに悩んで板挟みになり、うつ病にかかることが多いというものです。

 2つ目の「執着性格」は、凝り性、仕事熱心、強い責任感、几帳面、徹底的、熱中型、強い正義感、正直、潔癖性、ごまかしが出来ない、完璧主義といった傾向が強いタイプの人です。こういう性格の人は、物事にとらわれやすく、ひとつの事に徹底的に取り組み、どんなに疲れていても弱音を吐きません。普通の人なら休養をとるところ、疲労困憊しても休まず、与えられた仕事をやり遂げようと無理をします。また、頼まれると断れない性格で、何でも自分で抱え込んでしまい、最後は身動きがとれなくなってしまいます。そのため、心身ともに疲れ果て、ついにはうつ病になることが多いのです。

 3つ目の「メランコリー親和型性格」は、2つ目の「執着性格」とよく似ています。生真面目、誠実、正直、勤勉、律儀、献身的、几帳面、小心、綿密、正確、仕事熱心、強い責任感、人に頼まれると断れない、世話好き、他人に対する気配り、融通がきかない、人との争いを好まない、対立したときは自分が折れる、周囲に気を遣う、秩序や規律を守るといった性格の人です。やはり、特徴的なことと言えば、秩序を重んじ変化を好まないという性格です。物事や人間関係が秩序どおりになっていないと気が済みません。秩序が変わったり崩れたり、いままであったものがなくなったりすることに非常に敏感です。つまり、物事に対して柔軟に対処できないので、環境の変化に非常に弱いのです。例えば、定年で退職、昇進、引っ越し、結婚、出産、死別などは大きな環境変化を伴いますので、こうした変化についていけず、うつ病を発症しやすくなるのです。

 それから、もうひとつ特徴的なのは、他人との関係を円満に保とうとします。従って、人に対して気を遣い過ぎ、物事を頼まれれば断れず、能力以上に何でも引き受けて自身で抱え込み、ついには身動きがとれなくなりストレスを内に溜め込んでしまいます。また、正確さや綿密さにこだわるのも特徴的で、仕事量が増えたり、病気などで仕事を休んだりしたとき、量と質の問題に悩むことが多く、人一倍ストレスを感じるようになります。

 しかし、こうした性格は日本人にはよく見られるタイプで、むしろ「あの人はいい人だ」「性格がいい」などと言われる人です。その意味でお人好しの日本人は、もともとうつ病になりやすい民族かもしれません。小さい頃から「正直者になれ」「真面目人間になれ」「仕事熱心な人間になれ」「責任感の強い人間になれ」などと、親から教えられ学校でも教育を受けてきたことで、日本人の文化でもあります。ですから、このような性格を持った人達は、一様に職場では模範社員であり、社会では信頼の厚い人として、評価と尊敬を受けるのです。およそ、信頼・評価・尊敬は、他人がいてはじめて成立する人間関係の極意だけに、人との折り合いに気を配るのは当たりまえのことなのです。これは「人間らしさ」を形成する重要な側面でもあるので、この性格を否定するというのではなく、むしろ堅持すべきことなのです。ただ「気を遣う性格」という一点では、常にストレスと隣り合わせにあることは確かなことです。この性格がすべてうつ病になるというのではなく、あくまでも誘因のひとつであって、他の誘因と影響し合うなかでうつ病が起きていることを知っておく必要があります。

 ただ、近年うつ病が増加している背景には、社会環境の急激な変化、それに伴う価値観の多様化があります。日本人的な「人を思いやる」といった性格が通用しなくなって、生きにくい社会と言えます。自己主張が強くなり、個人主義が横行するなかで、真面目にコツコツと、人に気を遣って生きようとする人達にとっては、大きなストレスになっていることは事実です。ただ、持って生まれた性格はそう簡単に変えられるものではなく、また変える必要もないでしょう。大事なことは、自分の性格を自覚しておくことです。うつ病になりやすい性格であることを自覚しながら、物事に対しては賢明に対処する勇気と行動が求められるといえます。それは、自分をコントロールできる心を鍛えることにもなります。もっと言えば、あまり深刻に考えずに、むしろのんびりと構えて“ケセラセラ”で日々生活することでしょう。

遺伝

 自分がうつ病の場合、子供にもうつ病が見られるのではないか、また家族をはじめとする血縁にうつ病の人がいた場合、自分も発症するのではないかと心配になります。これまでのうつ病と遺伝の研究からすると、全く無関係とは言えないようです。例えば、うつ病の患者が家族にいる場合、また過去にいた場合、そうでない家族と比較してうつ病の発症率が高いことがわかっています。親子または兄弟姉妹の直系の血縁者がうつ病だと、家族内での発症率はそうでない家族に比べて2〜3倍も高いとされています。また子供のときに、養子にだされた人を調査した研究報告によると、育ての親がうつ病になったとき養子がうつ病になる確率に比べると、生みの親がうつ病になった場合の実の子供がうつ病になる確率はずっと高いといいます。

 さらに、双子とうつ病の関係についての研究もあります。同じ双子でも、二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が発症率は高く、その一卵性双生児においては片方がうつ病になると、もう片方が発症する確率は30〜90%と、幅はあるもののかなり高い数字になっています。一卵性双生児は遺伝子が同じで、二卵性双生児は違うという事実からしても、遺伝と深く関係していることが伺えます。ただ遺伝子だけがうつ病の原因だとすると、一卵性双生児の1人がうつ病になれば、もう1人も必ずうつ病を発症する事になりますが、その確率は約40%と報じられています。このことから、必ずしも遺伝子だけがうつ病の原因であるとは言えないのです。うつ病の発症は、ある程度遺伝子との関係はあるものの、体質やストレスなど他の心理的要因が幾つも重なって発症するものと考えられます。

 最近報告されているうつ病と遺伝子の研究について、以下に付記しておきます。キングス・カレッジ・ロンドンで働く科学者たちは、うつ病は一つの悪性遺伝子によって引き起こされていると考え、DNAの部分にうつ病の原因となるものが含まれていると述べています。そこで、うつ病をもった2人以上の兄弟のいるイギリスの家族約800世帯、アメリカの家族91世帯、フィンランドの25世帯にDNAの調査を実施しました。その結果、うつ病の兄弟にはDNAの同じ箇所に同じ遺伝変異があったことを示し、子供は親からうつ病の原因となる物質を引き継いでいることを暗示しているというものです。

 米エール大学の研究チームは、2012年の10月に、うつ病を発症するメカニズムにおいて、重要な役割を担っている遺伝子を突き止めたとして、英医学誌『ネイチャー・メディスン』に発表しました。同研究チームによると、うつ病と診断された後に死亡した21人の遺伝子と、健康な人18人の遺伝子を比較し、「MKP-1」と呼ばれる遺伝子をつきとめました。この「MKP-1」は、神経細胞の生存と機能に不可欠な脳内化学物質「MAPK」の連鎖を遮断する役割をもっているといいます。論文では、この「MKP-1」による連鎖の遮断が、うつ病の原因となる神経伝達異常の主原因か、少なくとも大きな要因である可能性が高いと結論づけています。

 また、マックス・プランク研究所の研究チームは、うつ病と関係のある遺伝子の1つを特定したと報じています。1万5000人の被験者を調べたところ、うつ病を発症した患者においては、SLC6A15という神経細胞内でアミノ酸を輸送するタンパク質を発現する遺伝子の働きが、海馬内で弱くなっていることを発見しました。この遺伝子が、海馬内で抑えられることによって、神経回路の働きも抑えられ、うつ病が発症されるのではないかとしています。




インデックス
前のページへ 次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック