トップページ tel:0792626871

一般的な症状

 さて、うつ病はどのような症状を呈するのでしょうか。うつ病の症状は、一般に患者の個性や状況その他さまざまな要因によって変化するため、症状の詳細は複雑多岐にわたります。中でも精神面の症状は目に見えにくく、うつ病であるにもかかわらず、自分で気付いていないことがあります。たとえば、うつ病の典型的な症状である「気分の落ち込み」や「食欲の低下」「疲労感」などは、誰でも日常的によく経験していることなので、本人も周囲の人もまさかそれがうつ病の症状だとは思わないのです。「気のせいだろう」「すぐに治るだろう」と軽く考え、放置してしまうことがよくあります。仮にそれがうつ病であれば、放置すると確実に悪化していきます。普段のちょっとしたうつ状態の症状が、うつ病の前兆としての症状なのか、それとも単なる一時的な症状で心配のないものなのかを判断するのはなかなか難しいものです。ただし、見分けるポイントが一つあります。それは、気分が晴れなかったり、落ち込んだりしたうつ状態がいつまでも回復せず続いている場合はうつ病の疑いがあります。

 人は誰でも、何かに失敗したり失恋などをして悩んだときは、落ち込んだり憂うつな気分になったりするものですが、ほとんどの場合は一時的なもので、時間の経過とともにうつ気分が晴れて、すぐに元気を取り戻します。しかし、うつ病の人はいつまでもうつ気分が持続して回復しないばかりか、落ち込みの程度が強くなっていき、時には生活に支障をきたす場合もあります。気分が著しく落ち込んでしまうと、仕事も家事も遊びもすべてに対して興味がなくなり、意欲もわかなくなってきます。うつ病になると、こうした精神面の症状に加え、頭痛やめまい、便秘や息切れ、疲労感といったような身体的な症状があらわれることがあります。この身体面の症状が前面に出てくると、最初に一般内科を受診することが多く、結果的にうつ病の発見が遅れる原因になります。

 うつ病の精神面の症状としてのうつ状態なのか、単なる憂うつなのかを見極めることは難しいですが、前述したように、うつ状態が持続して生活に支障をきたすようならば、うつ病の精神面における症状といえます。ただし、この「うつ状態」になる病気は「うつ病」だけではありません。統合失調症や神経症(不安障害)などの心の病気でもみられますし、また身体的な病気や薬物の影響によっても「うつ状態」はあらわれますので注意が必要です。

 では、実際にうつ病の症状について具体的にみていきましょう。うつ病というと、とかく精神的な症状だけに着目しがちですが、同時に身体的な症状を伴うことが多い疾患ですので、ここでは精神症状と身体症状に分けてみていくことにします。

精神症状

抑うつ症状

 精神症状で第一にみられる症状は、抑うつ症状です。この症状の基本は、なんといっても「気分の落ち込み」です。「憂うつでずっと落ち込んでいる」「わけもなく悲しい」「むなしい」「寂しい」「生きる希望がない」といった感情です。この強い憂うつ感を言葉で表現すると、悲哀感、孤独感、焦燥感、不快感、空虚感、無力感、不安感、寂寥感、イライラ感、寂しさ、絶望感、ふさぎ込みといった不安な気分や感情です。つまり興味・喜びなどの感情が失われた状態になります。このような抑うつ状態は、症状が軽い場合は自分ひとりで悩み、周囲の人に気付かれないことが多いのですが、次第に症状がひどくなると不安が強まり、親しい人に症状を訴えるようになります。また口に出さない人もいますが、本人が話さなくても、周囲の人から見て顔つきや声の調子、そのほかの態度で異変に気付く場合があります。

 また抑うつ思考といって、自分を責めてしまうのもうつ病の人の特徴です。これは自我感情の変化によるもので、劣等感や無能力感、無価値感が強くなり自信をなくします。また自己嫌悪や自己否定が強くなります。憂うつ状態から抜け出せなくなると、気力もわかず、体調も悪くなり、仕事の面でも能率が上がらなくなり、精神的に次第に追い詰められていきます。こうした追い詰められた状態から逃れようとして「死」を考えます。実際に自殺をはかる人も少なくありません。自分は生きて行く価値がない人間だと考えているうちに、本当に生きていくのがイヤになって、「もう死ぬしかない」と思い詰めてしまうのです。これは家族にとっても医師にとっても注意深く観察しなければならない点です。

 また、あらゆることに対して悲観・絶望感・妄想・自殺念慮(希死念慮)などを抱く抑うつ妄想になるのもうつ病の人の特徴です。いわゆるマイナス思考ですが、ものごとを悪い方へ悪い方へと考えてしまいます。「自分はガンに違いない。しかし医者や家族が自分を安心させようとして嘘をついている」「私は不治の病にかかってもう助からない」と思ったりする心気妄想。「自分は生きていくのに必要な財産や金がなくなってしまって生きていけない」「借金取りに追いまくられて一家は破滅する」といった貧困妄想。また、特別に自分は悪いことはしていないのに、「会社や家族に迷惑をかけてしまった」「人を車でひいて、警察の取り調べを受け、一家はめちゃめちゃになってしまう」「取り返しのつかない失敗をしてしまった」などといった罪業妄想になったりします。そして、過去や現在の自分の良いと思える面にはまったく目を向けられず、悪い方ばかりに目を向けるため、絶望感から「死ぬしかない」と考えるようになります。

 こうなると、思考の柔軟性がなくなって悪循環となり、周りの人がどんなに説得や説明をしても分かってもらえなくなります。このようなうつ状態の人と接するときは、「自分の憂うつ感や気分の落ち込みは、誰にも分かってもらえない」と感じていることが多いので、そうした患者の心理を知らずに安易に接すると、かえって患者の孤立感をますます強める結果となるので注意が必要です。

精神運動抑制症状

 これは、意欲の低下、行動力の低下、思考力の低下、集中力の低下、決断力の低下、判断力の低下といった抑制症状です。これは脳の機能が全体的に低下するために起こる症状です。うつ状態になると、まず患者は意欲や気力が低下し、「やらなければいけない」と思いながらもすぐに気力が失せてしまい、何をするにも億劫になります。そして、うつ気分の虜となってしまい、やる気、気力、意欲などが減退してきて、物事に対する興味や関心が著しく低下してきます。たとえば、日ごろ友人と好きでやっていた碁や将棋がまったく面白くなくなって、興味も関心もやる気も起こらなくなります。テレビや新聞も見なくなり、本を読もうとしても頭に入らず、同じところを繰り返し読んで前に進みません。このように、意欲面の抑制症状は何もやりたくないという気持ちが支配的になって、前向きになれない状態になります。

 これは、同時に行動面の抑制にもつながってきます。日ごろ活動的だった人が突然活動をしなくなったり、社交的だった人が内向的になったり、おしゃべりだった人が無口になったりという事例はたくさんあります。また人に会うことがまったく苦にならなかった人が、そのことが苦痛になって「人に会いたくない」と家に引きこもったり、体を動かすことが苦痛で1日中横になったりするケースです。行動が抑制されると、日ごろ普通にできていた仕事や用事や義務的な行為が非常に大きな負担に思えて、実際には十分に行動できなくなって効率も悪くなります。そして動作も緩慢になり、ごく日常的な動作、たとえば顔を洗って身なりを整えるまで長時間かかったり、ため息が増えて口数が少なくなったり声も小さくなったりします。電話をかける気力もなくなるため、無断欠勤が多くなるのも行動の抑制によるものです。

 また思考力の低下がみられます。思考が障害されると「頭が働かない」「集中できない」「考えがまとまらない」「物覚えが悪くなる」「判断力が低下する」「記憶力が落ちる」「ちょっとしたことが決断できない」「いろいろなことが億劫になる」「しゃべりたくない」などの状態になります。この精神作業能力の低下によって、患者本人は「バカになってしまった」「脳がダメになった」と心配しますが、器質的な脳機能障害が起きたのではなく、精神機能にブレーキがかかっているだけで、うつ状態が改善されれば正常な状態に戻ります。さらに、感情面の抑制症状もあります。これは感情をコントロールする脳の機能が低下するため、生き生きとした感情がなくなってきます。つまり喜怒哀楽の感情が乏しくなって、面白くても笑えない、悲しいのに涙がでない状態になります。顔も無表情になります。

 このほか、イライラ感や焦燥感が強くなって、じっとしていられないという激越症状も起こります。一般的にうつ病というと、動きが鈍くなることが多いのですが、意味もなくそわそわとして動き回るうつ状態もあります。一見、行動が抑制されていないように見えますが、生産的な行動にはなっていないため、やはり行動は障害されているといえます。思考についても同じで、抑制とは反対に焦りや不安、恐怖、自己否定、絶望、罪責感といった暗い感情が次から次へと湧いてくることがありますが、これも発展性がありませんので、抑制されていると考えられます。ただ、行動や思考が抑制されていても、また焦燥的になっても、そのときの患者の気持ちは想像がつかないほど辛い状態にあることを医療従事者や周囲の人は理解しておく必要があります。単に元気がなくなっているだけだと考えて安易に対応することだけは避けたいものです。

 一方、うつ状態にありながらうつ症状を訴えない人もいます。理由としては、恥ずかしい、認めたくない、自分自身がうつ状態だと気付いていない、他人への不信、他人に相手にされなくなるという恐怖、訴える気力さえなくなっているなどが挙げられます。症状を訴えなくても、うつ状態にある人は放っておくと悪化していく恐れがあり、治療が遅れれば治療するにも時間がかかりますので、早期治療のためにも家族や周囲の人は本人の行動面の変化に気をくばることが大切です。

不安・焦燥感

 強い焦燥感や不安感に襲われるのもうつ病の症状の特徴です。将来への不安や健康への不安、家族や仕事への不安などが募って、気持ちばかりが焦ってきます。気持ちが落ち着かないため、落ち着いて座っていることができず、室内をうろうろ歩き回ったり、手足をむやみに動かしたりして奇妙な行動をとることがあります。また睡眠中でも突然大きな声をあげたりします。

 通常、うつ病になると口数が少なくなりますが、焦燥感にとらわれると逆にせかせかと早口で話しかけたりします。ところが質問されると要領よく答えられなかったり、会話がうまく噛み合わなかったりします。食事もとらずに長時間仕事をしていても、仕事が全くはかどらない状態です。いずれにしても、全体的には言動が混乱していることが多いです。

自責感・罪悪感

 物事を悪い方にとらえるのもうつ病の症状のひとつです。常に自分が悪いという思いが強くなって、自責の念や罪責感が強くなり、総じて自己評価が著しく低下します。例えば、自分にはなんの責任もないのに「自分のせいで、皆に迷惑をかけているのではないか」「ものごとがうまくいかないのは、自分が悪いから、自分に問題があるからだ。すべて自分のせいだ」というように自責感が強くなります。そして抑うつ状態がさらにひどくなると「なんてダメな人間なのだ」「自分はつまらない人間だ」「自分など生きている価値がない」「すべて自分が悪い」などと自己否定し、自分を追い詰めていきます。

 こうした自責感や罪悪感が強くなっていくと、妄想的になって「自分はもう終わりだ」と思い込み、普通では考えられない突飛な行動にでることがあります。たとえば、離婚話を切り出したり、会社に辞表を出したりして周囲を驚かせることもあります。さらに思い詰めると、自殺を考えたりすることもありますので注意が必要です。

【精神面の症状・まとめ】

(感情面)

  • 憂うつ気分がいつまでも続き、いつまでも気分が晴れない。
  • 気分が沈み込む。
  • 不安な気持ちが、いつまでもおさまらない。
  • 悲しくてつらい。
  • 何をやっても楽しくない。
  • 怒りっぽくなる。
  • イライラする。

(意欲面)

  • やる気が起こらない。
  • 何をやっても億劫に感じる。
  • 人と会うのが面倒になる。
  • 仕事や趣味など、物事に集中できない。
  • 性欲がなくなる。

(思考面)

  • 常に物事を悪い方へと考えてしまう。
  • 常に最悪の事態ばかり考えてしまう。
  • すべてに対して自分が悪く、皆に迷惑をかけて申し訳ないと思ってしまう。
  • 一つのことにとらわれ、物事を柔軟に考えられない。
  • 些細でつまらない考えにとらわれる。
  • 「取り返しのつかないことをしてしまった」と過去にこだわり、悔やんだり、悩んだりする。
  • ちょっとした体調不良が、何か重大な病気に違いないと思い込み、病院を転々とする。
  • 死について考えたり、また死にたいと思ったりする。




インデックス
次のページへ

初めての方へ

症状と治療方法

初めての方へ

診断チェック