アルコール使用障害特定テスト


以下の項目で当てはまる○をクリックしてください

*以下の各設問に対して、自分にあてはまると思う回答肢を選んでください。
1単位の目安は以下のとおりです。
 日本酒1合=2ドリンク
 ビール大瓶1本=2.5ドリンク
 泡盛(25度) 1合=3.6ドリンク
 泡盛(30度) 1合=4.3ドリンク
 泡盛(35度) 1合=5
 ウイスキー水割りダブル1杯=2ドリンク
 焼酎お湯割り1杯=1ドリンク
 ワイングラス1杯=1.5ドリンク
 梅酒小コップ1杯=1ドリンク
1.どれぐらいの頻度でアルコール飲料をみますか ?
全く飲まない →[質問 9と 10 まで飛ぶ ] (0点)
月1回以下 (1点)
月2〜4回 (2点)
週2〜3回 (3点)
週4回以上 (4点)
2.飲酒時は1日平均して何ドリンク(何 単位 )飲みますか ?
1-2ドリンク (0.5または1単位) (純アルコールで10−20g台) (0点)
3-4ドリンク(1.5または2単位) (純アルコールで30−40g台) (1点)
5-6ドリンク(2.5または3単位) (純アルコールで50−60g台) (2点)
7-9ドリンク(3.5か4か4.5単位) (純アルコールで70−90g台) (3点)
10ドリンク(5単位)以上 (純アルコールで100g以上) (4点)
3. どれぐらいの頻度で一に 3単位以上飲むことがありますか ?
1回もない (0点)
月1回 (1点)
毎月 (2点)
毎週 (3点)
毎日または、ほとんど毎日 (4点)
※質問2と3の合計スコアが0の場合は質問9と10に進む
4.飲み始めたら、飲むのを止められなくなったことが、過去1年でどれくらいの頻度ありますか?
1回もない (0点)
月1回未満 (1点)
毎月 (2点)
毎週 (3点)
毎日または、ほとんど毎日 (4点)
5.飲飲酒のせいで、通常あなたが行うことにってる事を行う事ができなかったことが、過去1年でどれくらいの頻度ありますか ?
1回もない (0点)
月1回未満 (1点)
毎月 (2点)
毎週 (3点)
毎日または、ほとんど毎日 (4点)
6.飲み過ぎた翌朝、アルコーを入れないと動けなかった、ということは過去1年でどれくらいの頻度ですか ?
1回もない (0点)
月1回未満 (1点)
毎月 (2点)
毎週 (3点)
毎日または、ほとんど毎日 (4点)
7.飲酒後に罪悪感・後ろめたさを感じたり、後悔をしたことが過去1年でどれくらいの頻度ありますか?
1回もない (0点)
月1回未満 (1点)
毎月 (2点)
毎週 (3点)
毎日または、ほとんど毎日 (4点)
8.飲酒翌朝に夕べの行動を思い出せなかったことが、過去 1年ででどれくらいの頻度ありますか?
1回もない (0点)
月1回未満 (1点)
毎月 (2点)
毎週 (3点)
毎日または、ほとんど毎日 (4点)
9.あなたの飲酒により、あなた自身や他人がケガをしたことありますか?
ない (0点)
ある、でも1年以上前に (2点)
ある、過去1年以内に (4点)
10.親戚、友人医師または他の保健従事者が、あなたの飲酒について心配をしたり控えるようにとあなたに薦めたことはありますか?
ない (0点)
ある、でも1年以上前に (2点)
ある、過去1年以内に (4点)



採点: 点  


診断基準
10点未満の方・今のところ、あなたのお酒の飲み方に大きな問題はないようです。
・下記の【 適正飲酒のすすめ10カ条 】を参考にして、さらに楽しく健康的なお酒との付き合いを心がけて下さい。
1.笑いながら共に、楽しく飲もう。
2.自分のペースでゆっくりと。
3.食べながら飲む習慣を。
4.自分の適量にとどめよう。
5.週に二日は休肝日を。
6.人に酒の無理強いをしない。
7.薬と一緒には飲まない。(睡眠剤、安定剤、糖尿病薬など)
8.強いアルコール飲料は薄めて。
9.遅くとも夜12時で切り上げよう。
10.肝臓などの定期検査を。(アルコール健康医学協会)
・1日2ドリンク(缶ビール500ml1本か日本酒1合弱)までの飲酒にとどめましょう。
10〜14点の方・現在のお酒の飲み方を続けますと、今後お酒のためにあなたの健康や社会生活に影響が出るおそれがあります。
・これまでのお酒の飲み方を修正された方がよいでしょう。具体的には1日2ドリンク(缶ビール500ml1本か日本酒1合弱)までの飲酒にとどめましょう。
10点以上で、現在糖尿病や肝臓病の治療中の方・現在のお酒の飲み方を続けますと、お酒が現在治療中の病気の回復の妨げになるばかりか、病状を悪化させるおそれがあります。
・まずは、これから2週間お酒をやめて、お酒が体に与えた影響を確かめましょう
15点以上の方・現在のお酒の飲み方ですと、左下図に示すようにアルコール依存症が疑われ飲酒のためにあなたの健康だけでなく、家庭や職場での生活に悪影響が及んでいることが考えられます。
*20点以上の方は強くアルコール依存症が疑われます。*
・今後のお酒の飲み方については、一度専門医にご相談下さい。診断によっては、断酒が必要となります。


姫路 心療内科・精神科 前田クリニック Tel.079-287-2766 Mail: clinic@dr-maedaclinic.jp   HOME | 当院のご案内 | 初診の方へ | 診療内容 | 各種申請・リンク | 交通アクセス | サイトマップ
Copyright © Maeda Clinic All right Reserved.  当サイトはリンクフリーです。また転載元として当サイトを明示頂ければ記事の部分的な引用も差し支えありません。(報告等不要)