パニック障害診断テスト
その1 DSM-W-TR 診断基準


以下の項目で当てはまる○をクリックしてください

1.以下に記載されるような『パニック発作』がありましたか?
以下の項目に該当する□をクリックしてください(複数選択可)
(4つ以上該当で確定診断)
1.動悸・心悸亢進(心臓がドキドキする)または心拍数の増加
2.発汗(汗をかく)
3.身震い・震え
4.息切れ感または息苦しさ
5.窒息してしまうような感じ
6.胸痛または胸部の不快感
7.吐き気または腹部の不快感
8.めまい感・ふらつく感じ・気が遠くなる感じ
9.現実ではない感じ、自分自身から自分が離れていく感じ
10.コントロールを失う恐怖・気が狂うことに対する恐怖
11.死ぬことに対する恐怖
12.感覚が麻痺したり、うずくような感じ
13.冷感または熱感がありましたか?
2.以下に説明されるような『広場恐怖』がありますか?
『広場恐怖』逃げるに逃げれない(または逃げたら恥をかく)ような場所や状況にいることや、パニック発作が予期せずに起きたときに助けが得られない場所や状況にいることに関しての不安がある。(例:家の中に一人でいるとき・混雑の中にいるとき・列に並んでいるとき・橋の上にいるとき・自動車、バス、飛行機、電車で移動しているとき)
はい 
いいえ
3.パニック発作が起きる場所や状況を回避していますか?(例:乗り物に乗らない・外出しない・人混みにでかけない・助けのない場所にいかない)
はい 
いいえ
4.パニック発作が起きる場所や状況を回避してはいないが、パニック発作が起こることを非常に強い苦痛や不安を持って耐え忍んでいますか?
はい 
いいえ
5.パニック発作が起きる場所や状況では常に同伴者を必要としますか?
はい 
いいえ
※注意:不安または恐怖症性の回避は他の精神疾患ではない
社交恐怖:恥ずかしい思いをすることに対する恐怖のために社会的状況のみを避ける
特定の恐怖症:エレベーターなどの単一の状況だけを避ける
強迫性障害:汚染に対する強迫観念のある人が、ごみや汚物を避ける
PTSD:強いストレス因子と関連した刺激を避ける
分離不安障害:家を離れること、家族から離れることを避ける
※注意:パニック発作は物質・一般身体疾患が原因ではない
薬物乱用・投薬
甲状腺機能亢進症
6.予期しないパニック発作が繰り返し起こりますか?
はい 
いいえ
7.パニック発作の後、1ヶ月間以上、以下の項目がありましたか?
以下の該当する箇所を選択してください(1つ以上該当で確定診断)
(複数選択可)
もっと発作が起こるのではないかという心配の継続
発作またはその結果が持つ意味(コントロールを失う・心臓発作を起こす・気が狂う)についての心配
パニック発作が起こるようになってから行動が変化した



質問項目1           個  

質問項目2〜6 はい: 個 いいえ: 個  

質問項目7           個  






姫路 心療内科・精神科 前田クリニック Tel.079-287-2766 Mail: clinic@dr-maedaclinic.jp   HOME | 当院のご案内 | 初診の方へ | 診療内容 | 各種申請・リンク | 交通アクセス | サイトマップ
Copyright © Maeda Clinic All right Reserved.  当サイトはリンクフリーです。また転載元として当サイトを明示頂ければ記事の部分的な引用も差し支えありません。(報告等不要)