強迫性障害診断テスト
その1 DSM-W-TR 診断基準


以下の項目で当てはまる○をクリックしてください

A 強迫観念
(1)、 (2)、 (3)、および(4)によって定義される強迫観念がありましたか?
(1)反復的、持続的な思考、衝動であり、それは障害の期間の一時期には、侵入的で不適切なものとして体験されており、強い不安や苦痛を引き起こす.
(2)その思考、衝動は、単に現実生活の問題についての過剰な心配ではない
(3)この思考、衝動を無視したり抑制したり、または何か他の思考または行為によって中和しようと試みる
(4)その強迫的な思考、衝動が(思考吹人の場合のように外部から強制されたものではなく)自分自身の心の産物であると認識している
はい 
いいえ
 強迫行為
(1)および(2)によって定義される強迫行為で以下のものはありますか?
(1)反復行動(例:手を洗う、順番に並べる、確認する)または心の中の行為(例 祈る、数を数える、声を出さずに言葉を繰り返す)であり、強迫観念に反応して、または厳密に実施しなくてはならない規則に従って、それを行うよう駆り立てられていると感じている
(2)その行動や心の中の行為は、苦痛を予防したり、緩和したり、または何か恐ろしい出来事や状況を避けることを目的としている しかし、この行動や心の中の行為は、それによって中和したり予防したりしようとしていることとは現実的関連をもっていないし、または明らかに過剰である
はい 
いいえ
B この障害の経過のある時点で、その強迫観念または強迫行為が過剰である、または不合理であると認識したことがある
(注)これは子供には適用されない
はい 
いいえ
C 強迫観念または強迫行為は、強い苦痛を生じ、時間を浪費させ(1日1時間以上かかる)、または正常な毎日の生活習慣、職業(または学業)機能、または日常の社会的活動、他者との人間関係を著明に障害している
はい 
いいえ
※次の項目は医師の判断項目ですので、回答の必要はありません。
D 他のT軸の障害が存在している場合、強迫観念または強迫行為の内容がそれに限定されていない(例 摂食障害が存在する場合の食物へのとらわれ、抜毛癖が存在している場合の抜毛、身体醜形障害が存在している場合の外見についての心配、物質使用障害が存在している場合の薬物へのとらわれ、心気症が存在している場合の重篤な病気にかかっているというとらわれ、パラフイリアが存在している場合の性的な衝動または空想へのとらわれ、または大うつ病性障害が存在している場合の罪悪感の反復思考)
E その障害は、物質(例 乱用薬物、投薬)または一般身体疾患の直接的な生理学的作用によるものではない



はい: 個   いいえ: 個  

質問項目A,B,Cに該当する場合は強迫性障害の疑いがあります


姫路 心療内科・精神科 前田クリニック Tel.079-287-2766 Mail: clinic@dr-maedaclinic.jp   HOME | 当院のご案内 | 初診の方へ | 診療内容 | 各種申請・リンク | 交通アクセス | サイトマップ
Copyright © Maeda Clinic All right Reserved.  当サイトはリンクフリーです。また転載元として当サイトを明示頂ければ記事の部分的な引用も差し支えありません。(報告等不要)